青山学院大学 AGU NEWS Vol.22
AGUニューズ[2004年5月~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●法務研究科〈法科大学院〉開設!
 Voices from AGU Law School

●AGU TOPIC
 ・21世紀COEプログラム
  「中間成果報告会」

 ・―アカウンティングスクール―
  「会計専門職大学院」
  開設計画進行中


TOPICS
●2004年度一般入学試験結果報告
●国際政治経済学部 瀬尾ゼミで、
 師弟そろって論文賞受賞!

●文学部心理学科
 「社会心理学研究会」の3年生が
 「第56回学生広告論文電通賞」
 大学生グループ部門第2位!


報告・お知らせ
●新役職員紹介
●2004年度新任専任教員一覧
●2003年度 退職専任教員
●総合研究所 研究成果発表状況
●2003年度学位授与式
●2003年度大学院学位授与式
●『青山学院大学
 五十年史 資料篇』刊行

●課外教育プログラムについて
●前期チャペルウィーク
●2003年度学生表彰
●2003年度公認会計士試験
 司法試験 合格者数

●2003年度
 体育会優秀団体・選手表彰祝賀会

●Club & Circle Information

誌上公開講座
●2年目を迎えた
 「青山スタンダード」


INFORMATION
●2004年度
 相模原キャンパス公開講座

●News Index
●2004年度進学相談会開催日程
●大学紹介パンフレット申込方法
●2004年度オープンキャンパス
●歴代院長とその時代8 小野徳三郎

HOME




TOPICS

タイトル

猪飼紗世さん

 2004年1月27日(火)、猪飼紗世さん(本学国際政治経済学部国際経営学科2004年3月卒業)が、「第14回ヤンマー学生懸賞論文」(ヤンマー農機株式会社主催/農林水産省他後援)において合計69編の応募論文の中から優秀賞を受賞しました。論文のタイトルは「中山間地域はGMフラワービジネスで生き返る」。この賞は、「いま 日本の農業がおもしろい その変化と対応 パートII─新しい世紀の食・農・くらし─」をテーマに、次代を担う若者たちに、農業と農村の未来について大いに議論してもらうことを目的に毎年実施されています。
 2004年3月まで国際政治経済学部瀬尾佳美ゼミナールに所属していた猪飼さんは、環境経済学を専攻し、“食の安全”について学ぶうち、遺伝子組み替え(GM)食品の問題に着目。GM技術を「食品以外のものに利用できないか」という発想から、フラワービジネス(花き産業)への導入を提案し、それが高齢化・過疎化に悩む中山間地域の救世主となる……というテーマで論文をまとめました。
 猪飼さんは今回の受賞について、次のように話しています。「学生生活最後の挑戦として、懸賞論文に取り組みました。瀬尾ゼミは私たちが1期生の新しいゼミなので、今回の受賞が後輩たちに良い刺激を与え、ゼミの発展に少しでも貢献できたらうれしいですね」。
 ゼミで猪飼さんを指導し、懸賞論文作成にあたってもさまざまなアドバイスを与えた瀬尾助教授は、教え子の快挙について次のようにコメントしています。
 「猪飼さんの論文は大胆で楽しい発想に満ちています。こういう文章は学生ならではのもので、プロの研究者では書けません。受賞は独自の視点から“夢”を語ることができたからでしょう。もちろん彼女は論文作成の基本である主張の明確さと、読み手を説得する根拠は備えています」。
 なお、瀬尾助教授自身も、2003年11月、「連帯保証人の経済学─中小企業金融の再デザイン」というタイトルの共同論文によって「第5回フジタ未来経営賞」(毎日新聞・フジタ未来経営研究所主催)の論文部門「フジタ未来経営賞」を受賞。この賞は、変革期にある日本経済・経営の困難打開の方策を示す論文・書籍を顕彰することにより、21世紀のリーダーとなる人材を発掘することを目指したものです。


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY