青山学院大学 AGU NEWS Vol.23
AGUニューズ[2004年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●2003年度就職活動を振り返って
 OB・OGへインタビュー
 [就職活動について
 後輩へアドバイス!]


TOPICS
●進化する青山学院大学の
 「大学院」

●ますます充実する
 青山学院大学の“寄附講座”

●大学院法学研究科
 「ビジネス法務専攻」、
 来春開設に向けて準備進行中

●2004年度大学院在籍学生数
●2003年度教員採用試験報告
●経営学部学生チーム
「Umbre.ad」が相模原市ビジネス
 プランコンテストに入賞

●大学院理工学研究科
 神山智英さんが
 「平成15年度電子情報通信学会」
 学術奨励賞を受賞


FLASH AGU
●相模原市と地域産業の
 活性化を目指す協定を締結

●ワルシャワ工科大学と
 学術交流協定を締結

●対東北学院大学総合定期戦報告
●課外教育プログラム
●清里サマー・カレッジ
●相模原祭のお知らせ
●第11回大学同窓祭開催のお知らせ
●女子バレーボール部が
 14年ぶりに関東大会優勝

●女子サッカー日本代表
 上田栄治監督(本学OB)、
 アテネへ!


報告・お知らせ
●「各国大使講演シリーズ」第2回
 サー・スティーブン・ゴマソール
 駐日英国大使講演

●Club & Circle Information
●2004年度後期
 公開講座・公開講演会


誌上公開講座
●フレッシャーズセミナー
 「発展途上国のかかえる問題」


INFORMATION
●2005年度入学試験日程
●2004年度進学相談会後期開催日程
●News Index
●歴代院長とその時代9 豊田實

HOME









◇◆◇就職者数ランキングベスト20◇◆◇
◇◆◇就職活動支援システムを活用しよう◇◆◇

 2003年度は相変わらず厳しい就職状況でしたが、10年前から続いていた漸減傾向が2002年度に底を打って、どうやら2003年度からは改善の方向に向かいだしたような気配が感じられます。業種による企業業績の差と、学生の関心の変化とを反映して、就職先業種も人文・社会科学系学部では金融保険業が減りサービス業が増え、理工学部では製造業が減り情報関係企業の割合が増えるという傾向がみられます。
 就職と進学を含めた進路決定状況ですが、2003年度卒業生4,228名のうちで、進路決定者数(就職決定、自営、現職継続、大学院進学、留学)は2,937名で、進路決定率は卒業生全体の69.5%(昼間部72.0%、第二部(夜間部)55.9%)となりました。その中で、就職者(就職決定、自営、現職継続)は59.1%(昼間部60.9%、第二部(夜間部)49.3%)で、進学者(大学院進学、留学)は10.4%(昼間部11.1%、第二部(夜間部)6.6%)でした。
 就職状況を端的に示す数値として就職希望者を基準にする指標では、2003年10月の「就職ガイダンス」の出席者数を母数にすると、昼間部の就職率は86.0%(2,168名/2,522名)となり、第二部(夜間部)は同様の基準で新規の就職率が50.2%(216名/430名)で、現職継続者も含めると76.5%(329名/430名)となります。
 この中で、青山学院大学の場合は女性の就職率の高さが特徴としてあげられます。経済学部を除く全学部で男性よりも女性の方が就職率は高くなっており、女性の頑張りが目立ちます。これは一般的に女性の方の就職は難しいという意識から、就職活動に熱心に取り組み、現実的な就職先選択をした結果であろうと考えられます。
 一方で、卒業時に進路を保留した人の中では、専門学校進学者が2.3%で各種試験準備者(公務員試験、教員採用試験、司法試験、公認会計士試験、税理士試験など)が6.0%で、進路保留者の中で、いわゆる無業者(臨時雇用と進路未定者の合計)は卒業生の約20%となっています。
 就職部では、1、2年次から説明会や進路相談を行って進路選択について考え始めるように支援しています。また3、4年生に対しては、年間100回におよぶ就職支援活動を通して進路情報を提供すると同時に、一人ひとりの学生の個別事情に合わせて対面的な進路相談を密に行っています(この件数は年々増加して2003年度で5,000件を越しました)。それでもかなりの数の学生が卒業時に進路を決めかねているのが現実ですから、これからの青山学院大学の進路支援活動は、卒業時で終わるのではなく、卒業後でも進路選択のための助力ができるような、「暖かみのある、面倒見のよい就職支援活動」でありたいと考えています。
(就職部長 文学部教授 仁科 貞文 記)

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY