青山学院大学 AGU NEWS Vol.23
AGUニューズ[2004年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●2003年度就職活動を振り返って
 OB・OGへインタビュー
 [就職活動について
 後輩へアドバイス!]


TOPICS
●進化する青山学院大学の
 「大学院」

●ますます充実する
 青山学院大学の“寄附講座”

●大学院法学研究科
 「ビジネス法務専攻」、
 来春開設に向けて準備進行中

●2004年度大学院在籍学生数
●2003年度教員採用試験報告
●経営学部学生チーム
「Umbre.ad」が相模原市ビジネス
 プランコンテストに入賞

●大学院理工学研究科
 神山智英さんが
 「平成15年度電子情報通信学会」
 学術奨励賞を受賞


FLASH AGU
●相模原市と地域産業の
 活性化を目指す協定を締結

●ワルシャワ工科大学と
 学術交流協定を締結

●対東北学院大学総合定期戦報告
●課外教育プログラム
●清里サマー・カレッジ
●相模原祭のお知らせ
●第11回大学同窓祭開催のお知らせ
●女子バレーボール部が
 14年ぶりに関東大会優勝

●女子サッカー日本代表
 上田栄治監督(本学OB)、
 アテネへ!


報告・お知らせ
●「各国大使講演シリーズ」第2回
 サー・スティーブン・ゴマソール
 駐日英国大使講演

●Club & Circle Information
●2004年度後期
 公開講座・公開講演会


誌上公開講座
●フレッシャーズセミナー
 「発展途上国のかかえる問題」


INFORMATION
●2005年度入学試験日程
●2004年度進学相談会後期開催日程
●News Index
●歴代院長とその時代9 豊田實

HOME








 就職活動でもっとも大切なのは、自分にベストな会社、業種を探す熱意だと思います。何事も熱意がないとがんばることはできませんし、相手にこちらの気持ちも伝わらないと思います。私が銀行に決めた理由は第一に「人」です。自分と気持ちが通じ合う方が多かったですし、自分のことを本当に欲しがっているという誠意も強く感じました。第二には、自分の成長につながるということです。銀行は取引先業種も多様なので、入行後に勉強しなくてはならない。この環境は今まで苦労知らず(?)の自分にはいい環境なのでは、と考えました。実際、金融商品が多様化している現在、行員にはかなりの知識量が問われており、自分の成長、お客様の喜ぶ顔を想像しながら日夜勉強に励んでいます。
 就職活動では、大学の就職部にたいへんお世話になりました。特に学内セミナーは素晴らしかったです。さまざまな業界のリーディングカンパニーの方が来学されるのが魅力で、学生が参加しやすい水曜日や土曜日に学内セミナーがあるという点もありがたかったです。後輩のみなさんも、決して妥協せず、自分の“売り”を積極的に全面に押し出して後悔のない就職活動をしてください。がんばれ青学生!

 進路を意識しはじめた頃、趣味の写真撮影を仕事にしたいと考えるようになりました。しかし、専門的に写真を勉強していない自分がいきなり写真家を目指すのは難しく、理系の忙しさから専門学校等で学ぶ余裕もありません……それでも写真に関わるためにはどのような手段があるか考え、カメラの開発という仕事にたどり着きました。現在は研修中ですが、研修後はデジタル一眼レフカメラの部品開発に関わる予定です。
 「理工学部の女子学生は就職が厳しい」と聞いていましたが、私は女性であることを特に意識する必要はないと思います。こちらが思うほど、企業は女性だから……とは考えていないようです。特に、大手企業であるほどそうでした。逆に、女性であるということも個性のひとつと考え、その利点を生かすことが大事ではないかと思います。
 就職活動、そして社会人になるための心構えに関して大切なのは、まず目的を持つことです。充実した就職活動や社会人生活のためにも、「何のために仕事をするか」「こういう仕事がしたい」「こういう自分でありたい」といった具体的な夢やイメージを持つようにするといいと思います。また、企業を選ぶときに、最初から無理と決めないことも大切です。可能性を自ら狭めず、入社したい企業があるならぜひチャレンジしてみることをお勧めします。私の経験ですと、不思議と「どうしても入りたい」と思った企業では入社試験もうまくいきました。

 就職活動は人それぞれです。誰もが手探り状態のなか、つい他人の行動が気になり、人の意見に流されがちです。でも、そんな時こそ立ち止まって、自分の本当に行きたい道を再確認すべきではないでしょうか。私の場合、一時は教員になりたいと考え、教職課程を履修していましたがその後、大学のセミナーに参加しているうち、自分の知らないビジネス社会への関心が芽生え、企業へと志望を変えました。しかし、教職で学んだことが決して回り道だと思っていません。むしろ、勉学に対するモチベーションの高い仲間とともに学んだこと、そして教育実習を経験したことで人間的な成長を図ることができ、そのおかげで志望した食品メーカーの内定を獲得できたと思っています。ただ私の場合、就職活動と教育実習の準備を同時進行でやらなくてはならなかったので、その両立にはとても苦労しました。そんな不安な時期に親身になって相談に乗ってくださったのが就職部のスタッフ。もし、後輩のみなさんも就職に関する悩みがあったら、すぐに就職部を訪れてみることをお勧めします。
 ところで入社後、私が配属されたのは、なんと人事部採用担当。昨年までは採用される側だったのに……なんだか変な気分です。今、学生に一番近い立場の社会人として何ができるのかを考えながら、後輩のみなさんとの出会いを楽しみにしています。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY