青山学院大学 AGU NEWS Vol.23
AGUニューズ[2004年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●2003年度就職活動を振り返って
 OB・OGへインタビュー
 [就職活動について
 後輩へアドバイス!]


TOPICS
●進化する青山学院大学の
 「大学院」

●ますます充実する
 青山学院大学の“寄附講座”

●大学院法学研究科
 「ビジネス法務専攻」、
 来春開設に向けて準備進行中

●2004年度大学院在籍学生数
●2003年度教員採用試験報告
●経営学部学生チーム
「Umbre.ad」が相模原市ビジネス
 プランコンテストに入賞

●大学院理工学研究科
 神山智英さんが
 「平成15年度電子情報通信学会」
 学術奨励賞を受賞


FLASH AGU
●相模原市と地域産業の
 活性化を目指す協定を締結

●ワルシャワ工科大学と
 学術交流協定を締結

●対東北学院大学総合定期戦報告
●課外教育プログラム
●清里サマー・カレッジ
●相模原祭のお知らせ
●第11回大学同窓祭開催のお知らせ
●女子バレーボール部が
 14年ぶりに関東大会優勝

●女子サッカー日本代表
 上田栄治監督(本学OB)、
 アテネへ!


報告・お知らせ
●「各国大使講演シリーズ」第2回
 サー・スティーブン・ゴマソール
 駐日英国大使講演

●Club & Circle Information
●2004年度後期
 公開講座・公開講演会


誌上公開講座
●フレッシャーズセミナー
 「発展途上国のかかえる問題」


INFORMATION
●2005年度入学試験日程
●2004年度進学相談会後期開催日程
●News Index
●歴代院長とその時代9 豊田實

HOME




報告

タイトル

 青山学院大学の一層の国際化・国際交流を進める一環として2003年から始まった「各国大使講演シリーズ」。第2回目は、2004年5月25日(火)、サー・スティーブン・ゴマソール駐日英国大使を招いて総研ビル12階大会議室で開かれました。「欧米間のパートナーシップ構築とイギリスの戦略的優先課題」と題した講演は、相模原キャンパスにも同時中継され、双方で約180名の聴衆に大きな感銘を与えました。
 ゴマソール大使は、今日の国際社会が直面している脅威は、かつてのソ連の脅威のようなものではなく、テロやWMD(大量破壊兵器)の拡散、あるいは麻薬などのグローバルな問題であると指摘し、日本の人道支援、技術協力、環境問題への取り組み、経済開発、そして平和維持の面などでの役割について述べ、たとえば、東ティモールや現在のイラクでの自衛隊を含む日本の活動は、たとえ軍事力を行使しなくとも、これらの地域の平和と安全に大きく貢献していると高く評価しました。また、5月から加盟国が25ヵ国となった拡大EUについては、EUが発言力を増すことにはなっても、それがひとつの政府になるとは思われない、との現実的な見方を示しました。その他、WTO 、イラクや国連外交などについても包括的に論じられ、イギリス外交が国際社会を運営するうえで中心的存在になっているとの説明がありました。


 講演の後、学生や教員から、英国外交のアイデンティティ、日本の国連常任理事国入り、自衛隊と外国軍との協力の形などたくさんの質問が出されたことに対し、ひとつひとつ丁寧に回答が述べられ、終了予定時間を大幅にオーバーしました。聴衆を唸らせたのは、大使の外交・国際問題についての深い知識だけでなく、その率直かつ誠実な姿勢と、完璧な日本語でした。
 今回の講演は、7月に帰国される多忙な大使のスケジュールの合い間を縫って行われました。また、英国大使館、共催のジャパン・タイムズ、小倉和夫本学特別招聘教授(国際交流基金理事長)の支援によって開催できたことに感謝したいと思います。次回は11月頃に駐日中国大使の講演を予定しています。
(土山實男国際政治経済学部長記(当日、司会)) 

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY