青山学院大学 AGU NEWS Vol.23
AGUニューズ[2004年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●2003年度就職活動を振り返って
 OB・OGへインタビュー
 [就職活動について
 後輩へアドバイス!]


TOPICS
●進化する青山学院大学の
 「大学院」

●ますます充実する
 青山学院大学の“寄附講座”

●大学院法学研究科
 「ビジネス法務専攻」、
 来春開設に向けて準備進行中

●2004年度大学院在籍学生数
●2003年度教員採用試験報告
●経営学部学生チーム
「Umbre.ad」が相模原市ビジネス
 プランコンテストに入賞

●大学院理工学研究科
 神山智英さんが
 「平成15年度電子情報通信学会」
 学術奨励賞を受賞


FLASH AGU
●相模原市と地域産業の
 活性化を目指す協定を締結

●ワルシャワ工科大学と
 学術交流協定を締結

●対東北学院大学総合定期戦報告
●課外教育プログラム
●清里サマー・カレッジ
●相模原祭のお知らせ
●第11回大学同窓祭開催のお知らせ
●女子バレーボール部が
 14年ぶりに関東大会優勝

●女子サッカー日本代表
 上田栄治監督(本学OB)、
 アテネへ!


報告・お知らせ
●「各国大使講演シリーズ」第2回
 サー・スティーブン・ゴマソール
 駐日英国大使講演

●Club & Circle Information
●2004年度後期
 公開講座・公開講演会


誌上公開講座
●フレッシャーズセミナー
 「発展途上国のかかえる問題」


INFORMATION
●2005年度入学試験日程
●2004年度進学相談会後期開催日程
●News Index
●歴代院長とその時代9 豊田實

HOME




TOPICS

タイトル


学長
武藤 元昭

武藤元昭学長に、本学における「大学院の現状とこれから」をテーマにお話を伺いました。

──私学で3つの専門職大学院を擁するのは、わが国ではきわめて珍しいことです。青山学院大学がこうした先進的な試みを実現することができた要因は、どこにあるとお考えですか?
武藤 やはり、本学に優れた「人材」がそろっていたことが挙げられると思います。こうした新しい試みに対しては、ともすれば制度やシステムばかりが議論されがちですが、やはりもっとも重要なのは、そこで働く「人」であると私は思います。本学各学部には、卓越した研究者であり、優れた教育者でもある多数の教員スタッフがそろっています。また、専門職大学院の場合は、実務経験者の教員など外部の方々を招聘していますが、みなさん「青山学院なら、喜んで協力しましょう」と言ってくださいます。本学には、こうした優秀な人々が、それぞれの実力を十分に発揮できる校風、いわば“働きやすい環境”があるのではないか、と私は自負しています。もちろん、その校風は一朝一夕にできたものではなく、長い伝統の中で培われたものであることは言うまでもありません。

──今後、既存の大学院各研究科のあり方も変わってくるのでしょうか。
武藤 専門職大学院の登場によって、研究者育成型の従来の大学院は、今、大きな岐路に立たされています。そのため、理論研究と実務教育のバランスを考慮しながら、どのような棲み分けをしていくかが、現在の大きな課題です。2005年度からスタートする予定の法学研究科「ビジネス法務専攻」は、その課題に対するひとつの解答となりますが、今後さらにこうした新しい試みにチャレンジしていくことが求められてくるでしょう。また、大学院における研究成果を、学外に向けて積極的かつわかりやすく発信していくことも重要です。ここ数年、理工学研究科が次々にめざましい研究成果を発表し、社会からも注目を浴びましたが、実は本学の人文系、社会科学系の研究科でも、若手研究者たちがきわめてレベルの高い研究を行っています。そうした本学大学院の実力を、もっと社会に対してしっかりとアピールしていくことも考えなければなりません。

──社会のニーズに対応しつつ、社会へのフィードバックも積極的に行っていくわけですね。
武藤 ただし、大学・大学院本来の社会的役割を考えると、決して時代や社会に振り回されてはいけません。私は、今こそ「青山学院大学が理想とする教育・研究とはどのようなものなのか?」という点を全学で考えていくべきだと思っています。法科大学院の場合、新司法試験の合格者を多く出すことが重要ですが、私はそれだけではだめだと思っています。司法試験合格という“結果”だけでなく、もっと長いスパンで評価すべきこともあるのではないでしょうか。すなわち「青山学院大学だからこそ生み出せる法曹の養成」──この理想を忘れてはいけません。実際、法科大学院に関わる先生方は、倫理観や人間性、国際性など、独自のコンセプトを打ち出したカリキュラムと教育方法を工夫されています。今後、大学院の発展・充実を考えていく上で、このように本学の揺るぎないスタンスを、教育と研究の両面で示していくことが、大切だと思います。現在、青山キャンパス3号館隣に地上7階・地下1階の「会計専門職大学院棟」(仮称)の建築が着々と進められていますが3つの専門職大学院の連携など、大学全体としてまだまだ課題はたくさんあります。時代の流れを追うのではなく、われわれが新しい時代を創るという意気込みで、大学院教育の充実に取り組んでいきたいと考えています。
●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY