青山学院大学 AGU NEWS Vol.23
AGUニューズ[2004年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●2003年度就職活動を振り返って
 OB・OGへインタビュー
 [就職活動について
 後輩へアドバイス!]


TOPICS
●進化する青山学院大学の
 「大学院」

●ますます充実する
 青山学院大学の“寄附講座”

●大学院法学研究科
 「ビジネス法務専攻」、
 来春開設に向けて準備進行中

●2004年度大学院在籍学生数
●2003年度教員採用試験報告
●経営学部学生チーム
「Umbre.ad」が相模原市ビジネス
 プランコンテストに入賞

●大学院理工学研究科
 神山智英さんが
 「平成15年度電子情報通信学会」
 学術奨励賞を受賞


FLASH AGU
●相模原市と地域産業の
 活性化を目指す協定を締結

●ワルシャワ工科大学と
 学術交流協定を締結

●対東北学院大学総合定期戦報告
●課外教育プログラム
●清里サマー・カレッジ
●相模原祭のお知らせ
●第11回大学同窓祭開催のお知らせ
●女子バレーボール部が
 14年ぶりに関東大会優勝

●女子サッカー日本代表
 上田栄治監督(本学OB)、
 アテネへ!


報告・お知らせ
●「各国大使講演シリーズ」第2回
 サー・スティーブン・ゴマソール
 駐日英国大使講演

●Club & Circle Information
●2004年度後期
 公開講座・公開講演会


誌上公開講座
●フレッシャーズセミナー
 「発展途上国のかかえる問題」


INFORMATION
●2005年度入学試験日程
●2004年度進学相談会後期開催日程
●News Index
●歴代院長とその時代9 豊田實

HOME




TOPICS

タイトル

学務・学生担当副学長
仙波 憲一

 企業・団体などの寄附によって運営される、“寄附講座(あるいは委託講座)”は、教育を行う場(施設・設備)を大学が提供し、教員やカリキュラムのコンテンツなどを外部に委託する授業で、ともすれば理論面に偏重しがちな大学教育に、社会の現状を踏まえた実践面での教育を補完する役割を果たしています。
 これまでにも本学は学部単位で、3~4年生を対象とした企業・団体の寄附講座を開講してきましたが、2004年度からは2年生を対象とした青山スタンダード科目として「国際ビジネス入門」と「感性ビジネス」を相模原キャンパスで開講。いずれも学生たちから好評を博しています。
 寄附講座は、一言で言えば、キャンパスの外に広がる“社会”を教室の中に持ち込もうという試みです。社会の風を寄附講座という“窓”からキャンパスに入れることにより、学生たちがこれまで以上に社会に目を向け、そうした社会への能動的な関心を、各自の将来のキャリア形成にまでつなげていくことが、私たちの願いです。
 刻々と変化する現代社会には、定まった“シラバス”などというものは存在しません。そのため社会の第一線で活躍された方々の体験とノウハウこそが、最良のテキストになります。もちろん、大学の授業ですから、単なる講師の経験談では終わらせず、それぞれの経験の根底にある普遍的な考え方・見方を、各講師がオリジナルな手法で提示していただけるよう、授業の中身とスタイルが工夫されています。
 今後も、青山スタンダード科目として本学独自の外部講師を招いた講座を積極的に提案していきたいと考えています。たとえば、古典芸能分野などで活躍する卒業生の方々のご協力を得ながら日本の伝統文化への造詣を深める講座、本学のキリスト教主義の伝統を踏まえ、世界のさまざまな宗教についてオムニバス形式で学べる講座……などを構想・企画して、多種多様な授業形態で幅広い学生のニーズに応えていきたいと考えています。同時に寄附講座が、学内の教員にも大きな刺激となり、大学全体の教育面における活性化につながることも期待しています。また、社会の方々には、大学という場がどのようなものであるかを知っていただくためのかけがえのない機会でもあり、ここから新しい産学連携の流れを創り出していきたいと考えています。



特定非営利活動法人 国際社会貢献センターによる
 「国際ビジネス入門」
 豊富な海外ビジネス経験を有する元商社マンの方々を講師に迎え、現場で培った国際ビジネスに関する生きた知識を伝えていただく講義です。前期は、日本経済・世界経済の流れを概説した上で、各国経済事情をテーマに講義を展開。北米、中南米、東南アジア、中国、ヨーロッパ、中東、インドにおける政治・経済、文化などに対する理解を深めます。後期は産業別の「国際ビジネスモデル」とODA(政府開発援助)やNPO・NGOなどによる国際協力の実状も考察。最後にWTOやFTAなどの国際共通ルールを紹介し、グローバル化が進む国際ビジネスの将来の課題についてわかりやすく解説します。

財団法人 ファッション産業人材育成機構による
 「感性ビジネス」
 狭義のファッション・ビジネスは、素材産業、アパレル産業、流通産業、その他関連産業から構成され、さらに感性産業や生活関連産業などを含める場合もあります。本講義では、代表的な感性ビジネスであるファッション産業界で第一人者として活躍中の講師の方々が、毎回、各分野での“ファッション・ビジネスの今”を講義。“提案する”“創る”“売る”“伝える”……それぞれのビジネスモデルや戦略を知ることによって、新しいライフスタイルを提案・創造するファッション・ビジネスへの理解を深めることを目指します。
 

 文学部では、2003年度朝日新聞社・寄附講座「メディア実践論」にひきつづき、2004年度より新たに株式会社電通による寄附講座をスタートさせました。

朝日新聞社による「メディア実践論」
 マスメディアの今日的意味と課題について学び、メディアリテラシーを養う講座。紙面からだけでは窺いしれない報道現場の生きた事象を、経験豊富な現役・OBジャーナリストが具体例を挙げて連続講義を行います。

株式会社電通による「広告コミュニケーション文化論」  受講者のコミュニケーション表現能力の開発と向上を目指す講座。広告は、商品やサービスのアピールによる販売促進、また企業イメージの向上という経済的活動としての側面とともに、その時代のライフスタイルや考え方を先取りし、人々に提案するという社会的、文化的表現行為としての側面もあわせ持つ現代生活に欠かせないコミュニケーション手段です。本講義では、広告コミュニケーションの社会的、文化的表現行為の側面について、現場で活躍されている講師陣を迎え、それぞれの経験と実践的知識に関する講義を展開します。
 

 国際マネジメント研究科では、2004年度より新たに下記の3つの寄附講座をスタートさせました。

ニッセイ信用保証株式会社による
 「企業戦略とリスク・マネジメント」
 (エグゼクティブMBA)
 構造的環境変化が進展する「不確実性リスク」の中で企業戦略を展開する日本企業。この不確実性の中で、有効な意思決定を行い、企業価値を創造、向上させていくことが企業間競争を生き残り、発展を目指すために不可欠です。本講義では「リスク」を伝統的リスク理論に加え、「不確実性リスク」と「事業機会リスク」の概念で把握。その上でリスクマネジメントを、コンプライアンス、ビジネスリスクマネジメント、総合的リスクマネジメントの観点から検討していきます。

株式会社新生銀行による
 「資金調達政策」(エグゼクティブMBA)
 本講義は、企業財務や金融分野に接する機会が少ない方を対象に、将来、経営幹部としてビジネスやプロジェクトの意思決定に必須となるコーポレートファイナンス(企業金融)、特に資金調達のあり方や手法についての基礎知識の習得を目的とします。ケーススタディによる受講生の討論・発表等、講義への積極的な参加によって「経営戦略と資金調達政策のあり方」の大局観を把握。また、メディアでも取り上げられる資金調達に関する最新トピックスや事例紹介も行います。

株式会社東芝による
 「国際マネジメント特別講座(安全保障輸出管理)」
 今日、グローバル企業にとって安全保障輸出管理は重要な責務になっています。こうした背景において、国際的な安全保障輸出管理に大きな影響を与える米国の外交・経済政策、安全保障の考え方、安全保障の脅威の対象の構図、およびそれらの根底にある各国の意図を分析する能力を身につけることが重要になっています。本講義では、こうした分析力を身につけるとともに、外為法や米国輸出管理法等の基本を習得。グローバル企業で活躍できる企業人を育成します。
●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY