青山学院大学 AGU NEWS No.24
AGUニューズ[2004年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●第2回青山学院
 「会計サミット開催」


TOPICS
●学校法人青山学院、
 「スタンダード&プアーズ
 (S&P)社」より
 「AA-/安定的」の格付けを取得

●2年目を迎えた青山学院大学
 附置WTO研究センター

●平成16年度「技術経営人材育成
 プログラム導入促進事業」に
 本学総合研究所
 「AMLプロジェクト」による
 提案事業が採択

●青山スタンダード科目
 「キリスト教理解関連科目
 特別講座」
 バッハ・コレギウムジャパン
 J.S.バッハ教会カンタータの夕べ

●青山祭実行委員長からの
 メッセージ

●クリスマス・ツリー点火祭
 青山・相模原で開催

●2004年、
 「青学Sports」が熱い!


報告・お知らせ
●「国際マネジメント研究科」
 TOPICS

●理工学部が北里大学医学部と
 学術交流協定を締結

●政府税制調査会会長/
 一橋大学学長 石 弘光氏講演会

●社会に開かれた大学として
 税務職員を対象とした
 専門講座を開講

●2005年4月
 「法学研究科ビジネス法務専攻」
 開設予定

●2004年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●小倉和夫氏に青山学院大学
 特別招聘教授の称号を贈呈

●「Aoyama Gakuin Scholar-
 ships」青山学院冠奨学金制度設立
 経済学部同窓会より第1号の寄付

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●青山スタンダード
 テーマ別科目:社会理解関連科目
 「感性ビジネス─ファッション
 業界のフロンティア─」


INFORMATION
●オープンキャンパス開催報告
●大学図書館情報システム
 &HPをリニューアル

●高校1・2年生のための大学説明会
●歴代院長とその時代10
 古坂嵓城


HOME






報告

タイトル
目まぐるしく変化を遂げる時代の要請に、
的確かつ迅速に応えていくために……。
本学国際マネジメント研究科は、
新しい時代のビジネス・スクールを創造するため、
グローバルな視点から教育・研究の革新をめざす、
数々の試みを展開しています。









 2004年5月、本学国際マネジメント研究科の研究プロジェクトが、文部科学省「平成16年度オープン・リサーチ・センター整備事業」に選定されました。対象となるプロジェクトは「アジアにおけるインターネットビジネス教育システムモデルの国際開発研究」。産学連携と国際共同研究によりアジアにおけるインターネットビジネスに関する教育モデルシステムの解明を行うとともに、それをベースにした効果的なカリキュラムの開発をめざします。
 研究活動にあたっては、実務に通じた産業界からの研究者や国際的な市場に通じた国外の研究者の受け入れを図り、そうした学外スタッフとの連携によってグローバルな共同作業を展開。その成果を国際マネジメント研究科のカリキュラムに生かし、高度専門職業人の養成およびグローバルな経済社会への貢献を果たしていきます。さらに研究プロジェクトホームページの開設、広く一般にも公開する国際シンポジウム開催などを通して、研究成果・情報を社会に還元していくことも特色です。
 なお、オープン・リサーチ・センター整備事業とは、文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業のひとつで、私立大学の大学院研究科・研究所などの中から、オープンな体制の下に研究を推進する優れた研究組織に対して、文部科学省が重点的・総合的に支援を行う制度です。



 2004年9月、文部科学省の推進する「平成16年度法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム」に、本学国際マネジメント研究科の教育プロジェクト「アジアMBA育成マネジメントゲーム」が採択されました。また新潟大学、九州大学および本学法務研究科との共同教育プロジェクト「裁判と法実務の国際体験研修プログラム」も採択となりました。このプログラムは、文部科学省が国際的に通用する高度専門職業人の養成を推進するため、法科大学院をはじめ各種の専門職大学院で行われる優れた教育プロジェクトを選定し、重点的な財政支援を行うものです。教育内容、方法の開発とその充実等において、専門職大学院の更なる活性化促進を目的としています(平成16年度から実施)。



 2004年6月26日(土)青学会館において、2004年度国際マネジメント研究科評議委員会が開催され、本学からは、羽坂理事長、魚住副学長、伊藤研究科長等が出席しました。
 外部評価委員としては、会長の岡村正氏((株)東芝 取締役代表執行役社長)をはじめ、青木利晴氏((株)NTTデータ 取締役相談役)、塙義一氏(日産自動車(株) 相談役名誉会長)、古川享氏(マイクロソフトコーポレーション バイスプレジデント)、村上輝康氏((株)野村総合研究所理事長)、八城政基氏((株)新生銀行 取締役代表執行役会長兼社長)等の日本のトップマネジメントの委員、ならびに、アメリカ・中国・韓国・シンガポール・ロシア等のビジネススクールのディーン等が出席しました。
 委員会では、羽坂理事長の挨拶の後、伊藤研究科長による2003年度の研究科の現状分析についての報告が行われ、それに対する外部評価委員との熱心な質疑応答が行われた後、別室にて委員による国際マネジメント研究科学生15名へのインタビューが行われ、最後に会長より講評が述べられました。


 2004年7月20日(火)~23日(金)、青山キャンパスにおいて、本学とモスクワ大学(ロシア)、復旦大学、東北大学(いずれも中国)という3カ国4大学のビジネス・スクールの学生が集まり、国際マネジメント研究科主催による「2004 Tokyo Seminar」が開催されました。このセミナーは、毎年、各国のビジネス・スクールの学生を本学に招待し、Business Simulation Game、工場見学、合同授業そして各国代表による プレゼンテーション・コンテストなどを通して、異文化間の相互理解を深め 、高い倫理観の涵養と国際的視野の拡大の機会を提供しています。
 今年度の主なプログラムは、国際マネジメント研究科岩井千秋教授による「マネジメント・ゲーム」、同研究科井手正介教授による講演「日本の経済・金融市場」、株式会社キヤノン顧問宮城孝太郎氏による「キヤノンのグローバル化」など。さらにグローバル化と企業経営をテーマに各大学代表学生がプレゼンテーションを行いました。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY