青山学院大学 AGU NEWS No.24
AGUニューズ[2004年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●第2回青山学院
 「会計サミット開催」


TOPICS
●学校法人青山学院、
 「スタンダード&プアーズ
 (S&P)社」より
 「AA-/安定的」の格付けを取得

●2年目を迎えた青山学院大学
 附置WTO研究センター

●平成16年度「技術経営人材育成
 プログラム導入促進事業」に
 本学総合研究所
 「AMLプロジェクト」による
 提案事業が採択

●青山スタンダード科目
 「キリスト教理解関連科目
 特別講座」
 バッハ・コレギウムジャパン
 J.S.バッハ教会カンタータの夕べ

●青山祭実行委員長からの
 メッセージ

●クリスマス・ツリー点火祭
 青山・相模原で開催

●2004年、
 「青学Sports」が熱い!


報告・お知らせ
●「国際マネジメント研究科」
 TOPICS

●理工学部が北里大学医学部と
 学術交流協定を締結

●政府税制調査会会長/
 一橋大学学長 石 弘光氏講演会

●社会に開かれた大学として
 税務職員を対象とした
 専門講座を開講

●2005年4月
 「法学研究科ビジネス法務専攻」
 開設予定

●2004年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●小倉和夫氏に青山学院大学
 特別招聘教授の称号を贈呈

●「Aoyama Gakuin Scholar-
 ships」青山学院冠奨学金制度設立
 経済学部同窓会より第1号の寄付

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●青山スタンダード
 テーマ別科目:社会理解関連科目
 「感性ビジネス─ファッション
 業界のフロンティア─」


INFORMATION
●オープンキャンパス開催報告
●大学図書館情報システム
 &HPをリニューアル

●高校1・2年生のための大学説明会
●歴代院長とその時代10
 古坂嵓城


HOME




TOPICS

タイトル

2004年8月9日(月)、学校法人青山学院は、米国の格付け会社「スタンダード&プアーズ社」(以下「S&P社」)より、長期発行体格付け「AA-」、およびアウトルック「安定的」という高水準の評価を受けました。


 日本国内でS&P社による格付けを取得したのは、青山学院が慶應義塾、東京理科大学に続いて3校目。本学院と同等の格付けを取得した海外の大学は、タフツ大学、カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学、ブリティッシュ・コロンビア大学などがあります。また国内企業では、JR東日本、NTT、NTTドコモ、味の素、電通などがあげられます。
 本学院がS&P社による格付けを取得した目的は、世界各国の大学との連携を確固たるものにするためのグローバルな位置づけの確認、学生数を確保するためのロケーションの優位さとブランド力の認知、 財政基盤の健全性の明示と将来にわたる資金調達の多様性の確保にあります。
 なお、S&P社が発表した、今回の本学院に対する格付けの根拠は、おおむね下記の通りです。
1. 日本で有数の総合一貫教育に携わる私学として、キリスト教に基づく教育という建学の精神の下、充実した教育内容と高い研究能力を備え、質の高い学生を安定的に確保していること。
2. 相模原キャンパス開学で学生確保の競争力が向上したのに加え、青山キャンパスの再構築の進展により、教育内容と設備が充実し、社会人など幅広い層の需要も取り込むと期待されること。
3. 一貫校での教育に対する需要が強く、大学レベルでの安定的な学生確保とブランド力の維持に貢献していること。
4. 相模原キャンパス建設後も実質無借金の健全な財務体質を維持している。今後も青山キャンパス再構築に関わる大規模な設備投資が予定されているが、内部留保で対応可能と予想され、収支やキャッシュフローは安定的に推移すると見込まれること。
 

常務理事
金山仁志郎

 本学院が国際的な格付け機関である米国格付け会社S&P社から取得した「AA-」は、21段階の上から4番目に位置する高い評価であり、格付け定義は「債務を履行する能力は非常に高く、最上位の格付け「AAA」との差は小さい」とされています。
 今回の格付けでは、本学の「充実した教育内容と高い研究能力」、「教育内容と設備の充実」そして「健全な財務体質の維持」などが評価されていますが、学校法人を取り巻く厳しい競争環境に対応していくためには、更なる教育研究の高い質の維持と経営の効率化を図ることが求められています。そのためには、財務の安定性・健全性について第三者による評価を受け、学校法人が自らの信用力を確認し、学生、保護者、受験生、卒業生、更には広く社会に対して、それを積極的に開示する責務があると考えます。また、併せてその特色を適切にPRするとともに学生や保護者にディスクロージャーすることは、重要な意義を持つものであります。
 この度の国際金融市場でのグローバルスタンダードとなっているS&P社からの格付け取得は、国際水準の中で世界各国の大学との連携強化を目指す青山学院にとって、今後の国際展開においても大変有用であり、更に今年創立130周年を迎える青山学院におけるこれからの充実、発展の指標の一つとなるものであることを確信しております。
 
●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY