青山学院大学 AGU NEWS No.24
AGUニューズ[2004年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●第2回青山学院
 「会計サミット開催」


TOPICS
●学校法人青山学院、
 「スタンダード&プアーズ
 (S&P)社」より
 「AA-/安定的」の格付けを取得

●2年目を迎えた青山学院大学
 附置WTO研究センター

●平成16年度「技術経営人材育成
 プログラム導入促進事業」に
 本学総合研究所
 「AMLプロジェクト」による
 提案事業が採択

●青山スタンダード科目
 「キリスト教理解関連科目
 特別講座」
 バッハ・コレギウムジャパン
 J.S.バッハ教会カンタータの夕べ

●青山祭実行委員長からの
 メッセージ

●クリスマス・ツリー点火祭
 青山・相模原で開催

●2004年、
 「青学Sports」が熱い!


報告・お知らせ
●「国際マネジメント研究科」
 TOPICS

●理工学部が北里大学医学部と
 学術交流協定を締結

●政府税制調査会会長/
 一橋大学学長 石 弘光氏講演会

●社会に開かれた大学として
 税務職員を対象とした
 専門講座を開講

●2005年4月
 「法学研究科ビジネス法務専攻」
 開設予定

●2004年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●小倉和夫氏に青山学院大学
 特別招聘教授の称号を贈呈

●「Aoyama Gakuin Scholar-
 ships」青山学院冠奨学金制度設立
 経済学部同窓会より第1号の寄付

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●青山スタンダード
 テーマ別科目:社会理解関連科目
 「感性ビジネス─ファッション
 業界のフロンティア─」


INFORMATION
●オープンキャンパス開催報告
●大学図書館情報システム
 &HPをリニューアル

●高校1・2年生のための大学説明会
●歴代院長とその時代10
 古坂嵓城


HOME




TOPICS

タイトル


 2004年6月30日(木)18:30より、青山キャンパスガウチャー記念礼拝堂において、鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の演奏による「J.S.バッハ 教会カンタータの夕べ」が開催されました。これは全学共通教育システム青山スタンダード科目「キリスト教理解関連科目」の特別講座として行われたものです。
 バッハはバロック音楽の巨匠。ドイツ・プロテスタント、ルター派教会の熱心な信者で、ルター派教会音楽の珠玉を残しました。その代表作が200曲を超える彼の教会カンタータ。礼拝で朗読される聖書のメッセージをより深く伝えるための音楽で、当日の聖書朗読個所を読み説く歌詞が歌われ、またその個所にちなむ讃美歌の歌詞やメロディが巧みに取り込まれていました。
 礼拝堂という空間で、聖書朗読に耳を傾け、讃美歌を歌い、バッハが使ったのと同じバロック時代の楽器による最高水準の演奏でカンタータを味わい、私たちも当時の会衆の感動を追体験してみよう――それがこの講座の趣旨でした。そこで大胆にも、世界的なチェンバロ・オルガン奏者であり、東京芸術大学でほかならぬバロック時代の楽器を扱う「古楽科」の教授、鈴木雅明氏率いるBCJに出演を打診。本学にとって大変喜ばしいことにご快諾をいただくことができ、この夢の演奏会が実現したのです。
 開会祈祷が終わると鈴木氏が颯爽と登場、いきなり場内をつんざく、あの有名な《トッカータとフーガ ニ短調》の冒頭のトリル。その瞬間から聴衆は耳を奪われ、才気溢れる若きバッハが乗り移ったかのような、ほとばしり炸裂するオルガンの響きに会場中が「水を打ったような」興奮のるつぼと化しました。
 演奏が終わると、鈴木氏のお話。気迫に満ちた演奏とはうって変わって、気さくなお人柄がにじむ和やかな雰囲気のなかで、この日のおもな演目であるカンタータについて解説されていきます。とくに後半のカンタータ第147番では、まずこの曲が演奏されたバッハ当時の礼拝の聖書朗読個所が実際に朗読され、その聖書のメッセージがどのように作品に反映されているか、そしてバッハがいかに巧みに歌詞を音型で表現しているかといったことが、独唱・独奏者の実演つきで解説されました。さらには、このカンタータで歌われる有名な讃美歌《主よ、人の望みの喜びよ》を、聴衆がBCJの伴奏で歌わせてもらうというサービスつき。
 こうした解説・体験を踏まえて最後に通して聴くカンタータは、ヨーロッパ各国から来訪した独唱者の瑞々しくしなやかな歌唱ともども、多くの聴衆に深い感動を与えたに違いありません。「古楽器の柔らかい響きがよかった」「解説つきだったのが単なる演奏会と違ってよかった」など、学生からも賛辞が多々寄せられています。青山学院大学の学生・教職員にとってまさに極上の一夜となりました。
(文学部史学科助教授 那須輝彦 記)


BCJ音楽監督、チェンバロ・オルガン奏者。神戸出身。12歳から教会のオルガニストを勤める。東京芸術大学作曲科に進んでからは矢代秋雄に師事。卒業後同大学院オルガン科では広野嗣雄に師事、鍋島元子の主宰する古楽研究会でチェンバロを学んだ。1999年、モービル音楽賞(洋楽部門)、第23回井植文化賞(文化芸術部門)、2000年度音楽之友社賞、2001年第42回毎日芸術賞受賞。また、2001年ドイツ連邦共和国より『ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章』受章。現在、東京芸術大学教授。また各地のオルガン企画、バロックコンサート・シリーズの監修をつとめる。

挨拶
 青山スタンダード・キリスト教理解関連科目領域担当者会コンビナー
 嶋田順好
聖書朗読・祈祷 詩編第130編
 大学宗教部長 東方敬信
演奏 バッハ・コレギウム・ジャパン
 《オルガン独奏とお話》
 J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調BWV565
 オルガン独奏 鈴木雅明
 《会衆賛美》
 「讃美歌」258版
 オルガン奏楽 今井奈緒子
 J.S.バッハ:カンタータ第38番
 《深き苦悩の淵から、私はあなたを呼びます》BWV38
 《お話》 鈴木雅明
 《会衆賛美》
 「讃美歌 第二編」228
 J.S.バッハ:カンタータ第147番
 《心と口と行いと生活が》BWV147
 指揮 鈴木雅明

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY