青山学院大学 AGU NEWS No.24
AGUニューズ[2004年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●第2回青山学院
 「会計サミット開催」


TOPICS
●学校法人青山学院、
 「スタンダード&プアーズ
 (S&P)社」より
 「AA-/安定的」の格付けを取得

●2年目を迎えた青山学院大学
 附置WTO研究センター

●平成16年度「技術経営人材育成
 プログラム導入促進事業」に
 本学総合研究所
 「AMLプロジェクト」による
 提案事業が採択

●青山スタンダード科目
 「キリスト教理解関連科目
 特別講座」
 バッハ・コレギウムジャパン
 J.S.バッハ教会カンタータの夕べ

●青山祭実行委員長からの
 メッセージ

●クリスマス・ツリー点火祭
 青山・相模原で開催

●2004年、
 「青学Sports」が熱い!


報告・お知らせ
●「国際マネジメント研究科」
 TOPICS

●理工学部が北里大学医学部と
 学術交流協定を締結

●政府税制調査会会長/
 一橋大学学長 石 弘光氏講演会

●社会に開かれた大学として
 税務職員を対象とした
 専門講座を開講

●2005年4月
 「法学研究科ビジネス法務専攻」
 開設予定

●2004年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●小倉和夫氏に青山学院大学
 特別招聘教授の称号を贈呈

●「Aoyama Gakuin Scholar-
 ships」青山学院冠奨学金制度設立
 経済学部同窓会より第1号の寄付

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●青山スタンダード
 テーマ別科目:社会理解関連科目
 「感性ビジネス─ファッション
 業界のフロンティア─」


INFORMATION
●オープンキャンパス開催報告
●大学図書館情報システム
 &HPをリニューアル

●高校1・2年生のための大学説明会
●歴代院長とその時代10
 古坂嵓城


HOME




TOPICS

タイトル

クリスマス・ツリー点火祭(相模原)

キリストの降誕を祝うクリスマスまでの4週間を、アドヴェント(待降節)と呼んでいます。その喜びの季節に入ることを心に刻むために、幼稚園から大学院まで青山学院全体がひとつになって行われるこの礼拝が、クリスマス・ツリー点火祭。今年度は11月26日(金)夕刻より、青山・相模原両キャンパスで開催されます。ここでは当日、相模原キャンパスで素晴らしい演奏を聴かせてくれる大学聖歌隊とハンドベル・クワイアの学生からのメッセージをお届けします。




法学部法学科3年 平井傑 君
 私たち大学聖歌隊の歌声は、点火祭のほか、学院での各種礼拝行事、10月の定期演奏会、クリスマスコンサートなどで聴くことができます。また、夏休みには「演奏旅行」として各地の福祉施設などでも歌っており、今年は九州に行きました。私は大学入学まで歌の経験は皆無で、ほんとうはサッカーをやるつもりでした。しかし、高校時代の友人を通して聖歌隊の存在を知り、素晴らしい先輩たちと接していくうちに、入隊を決意。今では歌うことに心の底から喜びを感じています。昨年、相模原キャンパスで初めて行われた点火祭では、聖歌隊副隊長として参加。今年は隊長として総勢30数名の隊員を率い、聴いている方々の心に歌声がより届くよう、ラテン語の歌詞の意味や曲の背景をしっかり理解しながら、歌うことを心がけていきたいと思っています。そして、昨年は実現できなかったハンドベル・クワイアとのコラボレーションも今年の大きなハイライトになるはず……青学生のみなさん、当日は、ぜひ聞きに来てください。そして、アドヴェントにふさわしい喜びに満ちた夕べをともに過ごしましょう。


文学部史学科3年 松木貴司 君
 私とハンドベルとの出会いは大学入学直後のこと。「キリスト教概論」のオリエンテーションでハンドベル・クワイアのデモ演奏を聞き、“天使の歌声”とも称される美しい響きにすっかり魅せられてしまいました。もともと教会のタワーベルに由来するこの楽器の特色は、ひとりでは演奏ができないということ。そして全員の心がひとつになり、曲が完成したときの一体感は、あたかも「曲の中に自分がいる」ような感覚で、その時に感じる開放感と喜びは言葉では言い尽くせません。難しそうだと思われるかもしれませんが、1年も練習すれば演奏することができるようになります。しかし、一方でこの楽器には一生かかっても究めることができない奥深さもあります。今年の点火祭では、ともに青山学院宗教センターに所属し、ふだんから部員同士も親密な大学聖歌隊とのコラボレーションも予定されており、私たちの練習にも一層力が入っています。楽しい演奏をお聴かせすることができると思いますので、皆さんぜひご来場ください。
●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY