青山学院大学 AGU NEWS No.25
AGUニューズ[2004年12月~2005年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院創立130周年
 ・創立130周年を迎えて
  ―青山学院130年の道程―

 ・これからの青山学院大学
 ・130周年記念行事
●AGU TOPIC
 ・青山学院大学 大学院
  会計プロフェッション研究科が
  4月に開設


TOPICS
●法学研究科ビジネス法務専攻
 (修士課程、博士後期課程)開設

●鈴木豊経営学部教授が
 「第18回青木賞-著書の部」受賞

●2004年度青山学院学術褒賞

報告・お知らせ
●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・自然理解関連科目
 「先端エレクトロニクス」


INFORMATION
●新・経済研究所が発足
●高校1・2年生のための
 大学説明会開催報告

●2006年度より新たに
 経済学部、経営学部で
 「大学入試センター試験利用
 入学試験」を実施

●2005年度入学試験日程
●歴代院長とその時代11
 大木金次郎


HOME











学長
武藤 元昭

「大学の個性」とは、一朝一夕に作られるものではありません。
青山学院のカラーも、
その130年の伝統が創り出してきたと言えるでしょう。
現在、大学ではそうした伝統と建学の精神を踏まえつつ、
「通う大学から、暮らす大学へ」という
スローガンのもと、「風通しの良い大学」
「面倒見の良い大学」「居心地の良い大学」という
3つの大学像を打ち出しています。
今後は、より一層教育・研究から学生生活、国際交流など、
さまざまな面での「伝統に立脚した改革」を 進めていきます。





 2005年度で3年目を迎える「青山スタンダード」は、学問分野や学部・学科の枠組みを超えた本学独自の全学共通教育システムです。その到達目標は「およそ青山学院大学の卒業生であれば、どの学部・学科を卒業したかに関わりなく、一定の水準の技能・能力と一定の範囲の知識・教養を備えている」こと。今後、これまでの教育成果や受講した学生のみなさんの意見を踏まえて、柔軟に授業内容の見直しや新設を図っていきますが、さらに「青山スタンダード」科目において、学院の歴史を学ぶ機会をできるだけ設けていくつもりです。自分たちが学ぶ「青山学院」が、近代史のなかでどのように形成されてきたのかを学生一人ひとりに深く知っていただくことで、青学生としてのプライドと母校への愛着をすべての学生に感じてほしい、それが私の願いです。また現在、本学では第二部(夜間部)改革とそれに伴う新学部の設置計画が検討されておりますが、その動きと連動して青山キャンパスでも「青山スタンダード」を履修できるようにし、名実ともに「青山スタンダード=全学共通教育」としての体裁を整えていく予定です。



 青山学院大学は伝統的に国際性をひとつの特色として打ち出してきました。ただ、近年のグローバル化の機運の中で、多くの大学が意欲的に国際交流に取り組んでおり、ともすれば本学の国際性が見えにくくなっている面も否定できません。今後、国際交流の推進は教育・研究の活性化のために必要不可欠であり、学生の留学プログラム、および海外からの留学生受け入れ体制の充実にさらに積極的に取り組む予定です。特に、政治・経済、文化などの局面でますます連携が必要となるアジア地域との交流に今後は力を入れていきたいと思っています。そのため、日本語教育など留学生向けの教育プログラムを充実させるとともに、従来の学生寮を留学生の宿泊施設として転用するプランを検討しています。なお、この留学生寮は、日本人学生も共に生活し、日々の生活場面で国際交流が図れる施設にしたいと考えています。



 2005年度より会計プロフェッション研究科(会計専門職大学院)が加わり、本学には、「ビジネススクール」「ロースクール」「アカウンティングスクール」という3つの専門職大学院が設置されることになります。今後は、各専門職大学院の教員や学生の交流、講義の相互履修など、独自の“専門職大学院トライアングル構想”を進め、相互のクオリティー向上を図ります。そしてキリスト教に基づく人間の育成を掲げる本学としては、特に高度なプロフェッションに求められる倫理教育の面で社会貢献を果たしていきたいと思っています。
 こうした専門職大学院の教育研究体制充実に伴い、主として研究者養成を行う既存の大学院研究科との役割分担が大きな課題となってきました。2005年4月より大学院法学研究科では、ビジネス分野での法のスペシャリストを育成する「ビジネス法務専攻」を開設しますが、大学としてはこうした各専門分野の特色を生かした意欲的な試みをバックアップするとともに、大学院全体のあり方に関するグランドデザインを策定していきたいと考えています。その際、青山キャンパスという地の利を生かし、社会人の勉学に対するニーズを十分くみ取ることが大切でしょう。
 また、こうした大学院教育と学部教育との兼ね合いにも十分配慮する必要があります。これまで以上にしっかりと学生一人ひとりを大切にした教育を行っていくとともに、「教育」と「研究」のバランスの取れた大学づくりに全学で取り組んでいきます。



 大学というところは、単に教室で授業を受ける場所ではありません。私は、学生のクラブ活動やボランティア、あるいはインターンシップなど、正課外活動も重要な教育の機会として位置付けています。そのため、教育的に意義が大きい正課外活動に対する積極的な支援(単位認定を含む)を行う枠組みを作ることを、大きなテーマとしております。大学スポーツの振興は重要課題です。2004年度は各クラブが素晴らしい成績を収めましたが、こうした青学スポーツの活躍は、在学生はもちろん、卒業生の方々にも大きな喜びと勇気を与えてくれます。本学では、すでに陸上競技部等を対象にした「強化指定部」入試を導入しておりますが、今後、スポーツ入試の拡大を図っていきたいと考えています。入試方法の多様化によって、さまざまな個性・才能を持つ学生を受け入れることは教育機関として大いに意義があることでもあります。また、母校の期待を背負って競技に挑む学生は、愛校心にもあふれ、学内で、あるいは卒業後に社会で、青山学院の教育を体現する存在となることでしょう。スポーツを通した人々の“つながり”は、何ものにも替えがたい、というのが私の考えです。



 現在、学院規模で「AOGAKU EVERGREEN 21」という青山キャンパス再開発プロジェクトが進行しています。大学では、2005年の会計専門職大学院棟(仮称)の完成をはじめ、第二部(夜間部)改革とそれに伴う新学部設置構想、図書館の拡充など、教育・研究環境の進化が図られる予定です。また、青山キャンパスに併設する短期大学や高等部との教育面での連携もさらに強化され、「オール青山」としての総合力・個性のさらなる強化を図っていきたいと考えています。  緑あふれる良い雰囲気を残しながら、新しく生まれ変わる青山キャンパスにどうかご期待ください。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY