青山学院大学 AGU NEWS No.25
AGUニューズ[2004年12月~2005年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院創立130周年
 ・創立130周年を迎えて
  ―青山学院130年の道程―

 ・これからの青山学院大学
 ・130周年記念行事
●AGU TOPIC
 ・青山学院大学 大学院
  会計プロフェッション研究科が
  4月に開設


TOPICS
●法学研究科ビジネス法務専攻
 (修士課程、博士後期課程)開設

●鈴木豊経営学部教授が
 「第18回青木賞-著書の部」受賞

●2004年度青山学院学術褒賞

報告・お知らせ
●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・自然理解関連科目
 「先端エレクトロニクス」


INFORMATION
●新・経済研究所が発足
●高校1・2年生のための
 大学説明会開催報告

●2006年度より新たに
 経済学部、経営学部で
 「大学入試センター試験利用
 入学試験」を実施

●2005年度入学試験日程
●歴代院長とその時代11
 大木金次郎


HOME







創立130周年にあたる2004年度は創立記念日に開催した記念式典のほか、通年にわたり多彩なゲストを迎え記念行事を開催しました。主な行事をご紹介します。


2004年11月16日(火)、青山学院講堂において、「青山学院創立130周年記念式典」がご来賓の方々、青山学院関係者約1,200名の列席のもと執り行われました。式典は武藤元昭学長の司式のもと進行し、来賓の中山成彬文部科学大臣(代読・近藤信司文部科学審議官)、安西祐一郎氏(日本私立大学連盟会長/慶應義塾塾長)、山内一郎氏(キリスト教学校教育同盟理事長/関西学院理事長)、Jerome King Del Pino氏(合同メソジスト教会高等教育宣教局総幹事)よりご祝辞をいただきました。また、本学院より財団法人吉田育英会へ、永年にわたる有能な人材育成のための奨学金寄贈に、感謝と敬意を表して特別表彰が行われ、つづいて「青学ばんざい」をテーマに青山学院に関わる自由な内容で募集した記念エッセイの受賞者表彰も行われました(下記参照)。式典後はアイビーホール青学会館にて祝賀会が行われ、和やかな雰囲気のなかご挨拶やお祝いの言葉が交わされ、再会を喜ぶ多くの方々の様子もみられました。


 
2004年9月29日(水)、青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂において、本学総合研究所主催による公開講演会が行われました。河合隼雄氏(文化庁長官・臨床心理学者)による講演のテーマは「グローバリゼーションと日本文化」。講演後はフルート奏者でもある同氏によるミニコンサートも行われました。
 

 
2004年11月29日(月)、青山キャンパス 総合研究所ビル12階大会議室において本学総合研究所主催による公開講演会「『生命』を基本とする社会―生命誌の視点から―」が開催されました。講演者はJT生命誌研究館館長で生命科学者の中村桂子氏。
 

 
2004年11月18日(木)、青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂において、本学総合研究所主催による公開講演会「国鉄改革を通して学んだこと」が開催されました。講演者は東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)取締役会長の松田昌士氏。松田氏は、日本国有鉄道の分割民営化に伴う経営再建に手腕を発揮され、「道路関係四公団民営化推進委員会」においても活躍されました。その体験を踏まえた講演内容は、経営から教育まで多岐にわたり、「大きな問題を決して先送りしない」ことの重要性を力説。会場に集まった次代を担う若者たちに向けて熱いメッセージを贈りました。
 

 
2004年11月17日(水)、青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂において、青山学院創立130周年および関西学院創立者ランバス生誕150周年を記念して、合同シンポジウム「国連の将来と日本の役割」(主催:青山学院、関西学院 後援:国際連合大学、読売新聞社)が開催されました。
●基調講演:川口順子氏 内閣総理大臣補佐官、前外務大臣
●特別講演:Dr.Rukudzo J. Murapa
      ジンバブエ・アフリカ大学学長・IAMSCU会長
●パネルディスカッション
〈パネリスト〉
佐藤行雄氏 日本国際問題研究所理事長(元国連大使)
弓削昭子氏 国連開発計画(UNDP)駐日代表
安井 至氏 国際連合大学副学長(青山学院校友)
村田俊一氏 関西学院大学教授(元UNDP駐ブータン代表)
〈コーディネーター〉
橋本五郎氏 読売新聞東京本社編集委員
 

 
2004年11月6日(土)、青山キャンパス 総合研究所ビル12階大会議室において、各界で活躍中の青山学院OB3名をお招きした特別座談会「学院からあたえられたもの」(青山学院維持協力会主催)が開催されました。当日は羽坂勇司青山学院理事長による挨拶に始まり、パネリストの方々から、学生時代の思い出話を交えた楽しく、また有意義な対談が繰り広げられ、久武雅志青山学院常務理事による閉会の挨拶をもって大盛況のうちに終了しました。青山学院維持協力会会員をはじめ、一般の方々も多数ご参加いただきました。
〈パネリスト〉
松澤 建 氏 日本興亜損害保険株式会社取締役社長
渡 哲也 氏 株式会社石原プロモーション代表取締役社長
中田 宏 氏 横浜市長
〈コーディネーター〉
金山 仁志郎 青山学院常務理事
松澤 建 氏 渡 哲也 氏 中田 宏 氏
 

 
2004年11月9日(火)、相模原キャンパス スタジアムにおいて、本学硬式野球部とジンバブエのナショナル野球チームとの親善試合が行われました。創立130周年記念行事の一環として、ジンバブエ・アフリカ大学学長ムラパ氏の来日を機に組まれた対戦で、深町正信院長が始球式を務めました。
 

 
2004年10月23日(土)、青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂において、「活字文化公開講座」(主催:青山学院、活字文化推進会議)が行われました。はじめに作家の水村美苗氏が「日本語で書くということ」と題して講演し、続いて本学女子短期大学栗坪良樹教授が「ことばの力」をテーマに講演を行いました。
 

 
〈大学の部〉
優秀賞
 梶浦真理(文学研究科英米文学専攻博士前期課程1年)
  「Viva!青学」
 池田佳織(文学部教育学科3年)
  「青学サークルと厚木との出会い」
 簗瀬 久(経営学部第二部2年)
  「ひととき」
佳 作
 李 満紅(文学部日本文学科2年)
  「青学ばんざい」
 西 夏紀(文学部フランス文学科4年)
  「たいせつなもの」
 

 
青山学院創立130周年を機に、青山キャンパス再開発事業と給付型奨学金制度充実の2つを目的とした「AOGAKU EVERGREEN 21募金」が始まりました。今後5年間継続して募集されます。青山学院にとって歴史と伝統の地である青山キャンパスの再開発には、青山学院の将来がかかっており、卒業生からも高い関心が寄せられています。青山学院が建学の精神を堅持しつつ、新しい時代にふさわしい総合学園であるために、在学生保護者、校友、各界の皆様からのご支援をお願いしております。「AOGAKU EVERGREEN 21募金」に関する詳細はこちらをご覧ください。
 


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY