青山学院大学 AGU NEWS Vol.1
AGUニューズ[7~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●第1回バーチャル・ユニバーシティ
 研究フォーラム開催

●AMLプロジェクト成果報告会開催


●深町院長 韓国の啓明大学より
 名誉博士号を受ける

●国際政治経済学部に2つの寄附講座
●教育学科における
 心理学教育について

●法学部学科改組が認可
●国際政治経済学部
 定員変更申請が認可

●Bit Valley発の次世代
 ネットビジネスをめぐる
 講演会開催

●「連合ロー・スクール
 (法科大学院)合同検討会」
 開催について



●1999年度就職活動を振り返って
●介護等体験について
●女子学生生活セミナー開催
●2000年度
 課外教育プログラム実施状況

●ボランティアへの取り組み
●2001年度一般入学試験日程
●第7回大学同窓祭開催
●公開講座のご案内


●アジアの経済発展と
 通貨金融危機
 ―問われる日本の役割―



●オープンキャンパス開催日程
●2000年度進学相談会開催一覧
●清里サマー・カレッジ
●シリーズ大学探訪2
 ドーラ E. スクーンメーカー






青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp



タイトル

タイトル

報告会


 4月28日(金)青山キャンパス総研ビル12階大会議室において、AMLプロジェクト成果報告会が開催されました。当日は、通産省や私立大学情報教育協会、他大学やIT関連企業など学外の関係者も数多く参加。プロジェクトリーダーである経営学部・玉木欽也教授などによる活動報告、および今後の研究活動の展望(AML2プロジェクト)についてのレクチャーが行われました。



タイトル
 平成9年秋スタートした経営学部の「AOYAMA Cyber Campus(ACC)」プロジェクト。「経営学部の学生全員が、21世紀のビジネスに必須の情報技術を活用できる実力を身につけてほしい」という教員の思いから、まず平成10年度よりWeb上で教員が学生の質問などに対応する「バーチャルオフィスアワー(VOH)」を計画、今年秋に新規開講する「サイバービジネス演習」で実証実験を予定しています。平成11年度には厚木キャンパスに約300名収容のマルチメディア対応教室がオープンし、1・2年生の「情報ネットワークリテラシ」という授業を開講。これは、先進的な情報インフラとノートパソコンを活用して200~300名の学生を対象に少人数と同じクオリティーの教育を実現した画期的な授業でした。
 このようにACCプロジェクトは、日本の大学としては最先端をいく情報教育環境を経営学部にもたらしました。そして、経営学部が確立した情報インフラと教育システムを土台として全学院へと展開する「AOYAMA Media Lab・(AML青山メディア・ラボ)」プロジェクトが1998・1999両年度にわたって展開されました。これは通産省・情報処理振興事業協会が推進する「教育の情報化推進事業」の一つであり、「バーチャル・ユニバーシティ構築のための実証実験プロジェクト」として活動。バーチャル・ユニバーシティの先端事例として、国内の教育機関・企業、マスコミはもとより、海外からも大きな反響がありました。

AMLプロジェクトの目的は次の3点です。
1 情報化教育の根幹を支える
 「サイバーキャンパス基盤システム」の研究開発
2 「サイバービジネス協調型演習」による
 国際的なビジネスリーダー育成
3 初・中・高等部一貫教育に対応する「マルチメディア型総合学習」

 このうちもっとも注目されるのは大学院・学部教育における「サイバービジネス協調型演習」です。これはネットワーク上にバーチャル企業を構築し、仮想擬似体験を通して製造業・流通業におけるマーケティング・製品企画・製品開発・生産システム・流通などの業務プロセスを実践的に学べる新しいスタイルの授業です。経営学部生(60名)・理工学部生(40名)・初等部4年生(120名)を対象とした実証実験の授業では、大きな成果を得ることができました。特に教員や共同開発した企業人が驚いたのは、いずれの授業においても学生からの反響が予想以上に大きかったことでしょう。「大学に入って一番勉強した演習だった」「ビジネスを実感できたので理論が身についた」という声も聞かれ、実際に進路が変わったり、就職活動に役立てる多くの学生がいました。なお、この「サイバービジネス協調型演習」は、業務プロセス志向の実践的な企業内教育のモデルケースとして企業からも大きな注目を集めています。

タイトル
 2000年度からはACCとAMLを融合した「AOYAMA Media Lab2(AML2」プロジェクトを発足。AML2プロジェクトは、デジタル教材と教育用ソフトを開発して、本番授業への実用化をめざす「サイバーキャンパス教育方法開発プロジェクト」と、サイバービジネスについて産学共同研究する「経営・技術統合化戦略IT研究会」と、両組織の成果を広く社会に広めることをめざす「AMLコンソーシアム」も設置。このうちの「経営・技術統合化戦略IT研究会」と「オープンフォーラム」は、「AMLコンソーシアム」として活動を展開していく予定です。このAMLコンソーシアムは7月6日に、第1回目のオープンフォーラムが青山キャンパスにおいて開催されました。青山学院生、教職員ならどなたでも、この「AMLコンソーシアム」の会員になれます。AMLならびにAML2に関する詳細はAMLホームページ (http://www.agub.aoyama.ac.jp/aml2/)をご覧ください 。

●トップに戻る●