青山学院大学 AGU NEWS Vol.1
AGUニューズ[7~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●第1回バーチャル・ユニバーシティ
 研究フォーラム開催

●AMLプロジェクト成果報告会開催


●深町院長 韓国の啓明大学より
 名誉博士号を受ける

●国際政治経済学部に2つの寄附講座
●教育学科における
 心理学教育について

●法学部学科改組が認可
●国際政治経済学部
 定員変更申請が認可

●Bit Valley発の次世代
 ネットビジネスをめぐる
 講演会開催

●「連合ロー・スクール
 (法科大学院)合同検討会」
 開催について



●1999年度就職活動を振り返って
●介護等体験について
●女子学生生活セミナー開催
●2000年度
 課外教育プログラム実施状況

●ボランティアへの取り組み
●2001年度一般入学試験日程
●第7回大学同窓祭開催
●公開講座のご案内


●アジアの経済発展と
 通貨金融危機
 ―問われる日本の役割―



●オープンキャンパス開催日程
●2000年度進学相談会開催一覧
●清里サマー・カレッジ
●シリーズ大学探訪2
 ドーラ E. スクーンメーカー






青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp



報告
タイトル

渡辺教授
就職部長・経営学部教授
渡辺 淑夫

 1999年度の就職戦線は、日本経済がいぜんとして長期にわたる危機的状況から抜け出せず、企業の倒産件数や完全失業率が第2次大戦後の最悪記録を塗り替えるなど、かつて経験したことのない極めて厳しい状況の下で終始し、他大学と同様、多くの学生が大苦戦を余儀なくされました。
 その一方で、相次いで打ち出された日本経済再生のための各種政策の実施を背景に、このところ新規採用を見送ってきた一部の企業が採用を再開したり、若干でも採用枠を広げるところが出てくるなど、学生の就職活動の先行きにもいくらか薄明かりが見えてきたようにも感じられましたが、反面、企業の採用方針が、ボーダレス時代に即戦力として期待できる、より質の高い人材を求めるという方向に確実にシフトしていることが一層顕著になってきた点が見逃せない特徴であったと思います。
 他方、本学への求人申込件数は、文・社会科学系、理工学系を問わず2年続きの減少で、数年前まではどうやら微増ないしは横這いを保ってきた求人件数が、ここへきてはっきりとした低落傾向をみせるなど、とりわけ厳しい環境にあったことを物語っています。
 このような状況にありながら、1999年度では、最終的にほぼ前年度並みの就職者数を確保することができましたが、そのような結果を出した学生諸君の善戦は高く評価できると思います。とりわけ、いぜんとして烈しい逆風の中、女子学生の健闘ぶりには目を瞠るものがありました。


 これらは何よりもまず学生自身の資質と努力の賜物であることはもちろんですが、その背景に、長年にわたる本学の教育方針の成果が社会的に大きく実を結んでいること、現に企業にあって活躍中の本学出身者が克ち得ている高い信頼とその先輩としての暖かい支援があったことを忘れることができません。
 引き続き2000年度の就職戦線が既にその眞只中にありますが、生き残りを賭けた企業の合併・統合が相次ぎ、企業間格差は広がる一方であるうえ、いぜんとして新規採用を絞り込むところも少なくないため、学生の就職活動は前年度にもまして楽観を許さない厳しいものになっています。
 その一方で、このところ超大型外資系企業の日本進出や情報通信関係の中幹企業の台頭が目立ち、他大学に率先して国際化教育や高度情報化教育に力を注いでいる本学の学生にとっては、確実に新しい就職チャンスが生まれてきているようにも思われます。  就職部としても、常にこのような情勢の変化を的確にとらえつつ、できるだけ早いうちから学生に対する就職指導の充実にとり組み、これまで培ってきた就職実績と採用企業の確保・拡充に全力を傾注し、学生の期待に応えていきたいと考えています。

タイトル
文・社会科学系
順位 企業名 1999年度 1998年度
1 富士銀行 24 20
2 日本生命保険 18 8
3 東京海上火災保険 15 18
3 安田火災海上保険 15 13
5 東京三菱銀行 14 24
6 住友信託銀行 11 5
6 日本交通公社 11 10
8 三和銀行 10 10
9 大和證券 9 6
9 大塚商会 9 2
11 住友生命保険 8 6
11 三井信託銀行 8 9
11 第一生命保険 8 7
11 日本アイ・ビー・エム 8 4
11 三菱信託銀行 8 9
16 日本火災海上保険 7 3
16 ルイ・ヴィトンジャパン 7 4
18 あさひ銀行 6 10
18 全日本空輸 6  26※
18 三井海上火災保険 6 2
※契約社員スチュワーデス19名を含む


理工学系
順位 企業名 1999年度 1998年度
1 キヤノン 13 16
2 日立製作所 8 5
3 日本電信電話 7 15
3 日本アイ・ビー・エム 7 12
3 松下システム
エンジニアリング
7 3
3 日本電気ソフトウェア 7 4
7 富士通 6 6
7 CSK 6 1
7 コンパックコンピュータ 6 1
10 ソニー 5 5
10 本田技研工業 5 7
10 NTTデータ 5 4
13 NTT異動通信網 4 2
13 日本電気 4 9
13 日本電産 4 0
13 日立ソフトウェア
エンジニアリング
4 6
13 オービック 4 2
13 メイテック 4 2
19 鐘紡 3 1
19 日本ユニシス 3 4
理工学研究科を含む
就職者3名の企業は他にもあります。


タイトル
青山キャンパス
対象 日程 時間 場所
学部3年生 10月4日(水) 第一回目
15:00~16:00
第二回目
16:30~17:30
青学講堂

世田谷キャンパス
対象 日程 時間 場所
学部3年生
院1年生
10月4日(水) 14:40~16:30
理工礼拝堂
※今後の日程等、詳細につきましては後日お知らせします


●トップに戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY