青山学院大学 AGU NEWS Vol.1
AGUニューズ[10~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●学長が語る新キャンパス利用方針
●キャンパス再構築に向けて
●相模原市長からのメッセージ


●2000年度
 オープンキャンパスを開催
  ・本学オープンキャンパスに
   過去最高の入場者を記録

  ・主な開催内容から…
  ・多くの学生が
   協力してくれました……

●AGU受験相談会のお知らせ
●理工学部で、小型パーソナル
 ヒューマノイド「Mk.5」誕生



●2000年度第1回学生表彰
●2000年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●臨床心理士受験資格の
 第1種指定大学院となる

●私立大学初の専門大学院を
 設置認可申請中



●転換期のラテンアメリカ


●公開講座案内
●青山祭
●クリスマス・ツリー点火祭
●学割証・証明書自動発行機が
 導入されました

●山手線沿線私立大学図書館
 コンソーシアム

●シリーズ大学探訪3
 ジュリアス・ソーパー






青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp



基本計画
IT革命を見据えた「文理融合キャンパス」へ  既に新聞各紙で報道された通り、2003年4月に神奈川県相模原市に、広大な新キャンパスがオープンします。これにより2003年の開学時には厚木キャンパス、綱島総合グラウンドをそして2003年以降、世田谷キャンパスを全面移転して、本学は青山キャンパスと新キャンパスの2つのキャンパスに集約されることになります。
 新キャンパスの特色を一言で述べるなら「文理融合型キャンパス」です。人文・社会科学系学部と理工学部の学生と教員が同じキャンパスを利用し、交流を深め、そこから21世紀志向の新しい学問が発展していく…そんな教育・研究環境を想定しています。情報通信ネットワークなど、IT・ハイテク環境の充実に、ひときわ力を入れることはいうまでもありません。
 新キャンパス開学の数年後に開設をめざす新学部は、こうした新キャンパスのコンセプトを体現した文理融合タイプのきわめてフレキシブルな性格の学部になる予定です。
記者会見
7月21日(金)16:30より、青山キャンパスで、半田学長、西澤副学長、辻副学長、林第二部担当学長補佐、井出理工学部長出席のもとに、新キャンパスの利用方針についての共同記者会見を実施。その模様は、翌日の朝日、読売、毎日、産経、日経、神奈川の各紙で報道され、7月24日(月)6:50には、NHKテレビ「おはよう日本」でも放送された。
人文・社会科学系学部/厚木キャンパスより移転  人文・社会科学系学部の1・2年次は、新キャンパスで学ぶことになります。厚木キャンパスは、午後6時を過ぎると、ほとんど無人化してしまうという現実があります。これは、1・2年次生のみという学生構成、そして同キャンパスの交通アクセスの悪さから仕方のない面もあります。しかし、大学キャンパスとしてそれでは少々寂しいのではないかと感じていました。いつも学生がいる場所、それこそが大学ではないかと…。一方、理工学部の学生が学ぶ世田谷キャンパスは、夜間も実験などで居残っている学生がいます。新キャンパスでは、人文・社会科学系の学生も 厚木キャンパスそうした姿に刺激を受けて、いつでも図書館や研究室などで学問に取り組めるようにしていきたいと思っています。すなわち、「活気のある」キャンパスです。そのため図書館もできるだけ夜遅い時間まで利用できたり、あるいは学生にとって居心地の良い環境の整備に十分配慮していきたいと考えています。
 厚木キャンパス全景
space 移転の対象となる学部・学科 space
文学部 教育学科、英米文学科、フランス文学科
日本文学科、史学科
※心理学科昼間主コース
 (2001年4月開設に向け、設置認可申請中)
経済学部 経済学科
法学部 法学科
経営学部 経営学科
国際政治経済学部 国際政治学科・国際経済学科
いずれも1・2年次生が新キャンパスにて就学。3・4年次生は現行どおり青山キャンパスにて就学。
また、第二部につきましては、今後、改組などを含めた改革を検討していく予定です。
理工学部/厚木・世田谷キャンパスより移転
 理工学部については、1年次生が厚木キャンパスから、2~4年次生と大学院生が世田谷キャンパスから、それぞれ新キャンパスに移ることになります。長らく校舎・施設の老朽化や手狭なスペース等の問題に悩んでいた世田谷キャンパスですが、今回の移転で、広い空間を使って効率的に情報インフラや実験設備の整備を行います。理工学部の教育・研究環境は飛躍的に向上するでしょう。
厚木キャンパス また、従来、あまり接触のなかった人文・社会科学系学部の学生との交流を通して、学生生活を充実させ、専門分野を超えた知的好奇心を満足させることができる環境が整うはずです。この環境をぜひ十分に活用してほしいと思います。
世田谷キャンパス正門付近

space 移転の対象となる学部・学科 space
理工学部 物理学科、化学科、電気電子工学科
機械創造工学科、経営システム工学科
情報テクノロジー学科
理工学研究科 物理学専攻、化学専攻、機械工学専攻
電気電子工学専攻、経営工学専攻
新キャンパス移転後も時代の動向を見据えながら、弾力的な学科編成やカリキュラムの改革を進めていきます。

■新キャンパスへの主な交通アクセス
 (PCソフト「駅すぱーと」より)


timetable
open

自然と共生した快適空間づくり  新キャンパスには各学部の校舎のほか、キャンパスのランドマークとして高層研究棟(地上15~18階を予定)やキャンパスのシンボルとしてふさわしい礼拝堂、イベントなども開催できる広場などを建設する予定です。また、学生食堂や売店などは、利用しやすさ、便利さについて学生の立場に立ち、十分な検討を重ねていきます。こうした校舎や各施設の建設にあたっては、敷地内にある立木を可能な限り残し、自然と共生したキャンパスづくりをめざしていきます。

●INDEX ●地域との連携 ●今後の展開 ●ページのトップへ戻る
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY