青山学院大学 AGU NEWS Vol.1
AGUニューズ[12~2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●昼夜開講制文学部心理学科が認可
●私立大学初の専門大学院
 国際マネジメント研究科開設



●新キャンパスの名称を募集中


●クリスマス・ツリー点火祭 
~光は暗闇の中で輝いている~

●青山祭
●りこうがくぶ公開
●オープンキャンパスの
 アンケート結果から…

●国際交流の集い


●成人病について


●一般入学試験日程
●シドニーオリンピックで大活躍
●学院の壁面に
 「シドニーオリンピック写真展」

●シリーズ大学探訪4
 ロバート・S・マクレイ






青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


タイトル

本学は、実践的な高度専門教育を行う専門大学院「国際マネジメント研究科国際マネジメント専攻修士課程」の開設ならびに「同専攻博士後期課程」の設置認可申請を行っておりましたが、昨年12月21日正式に認可されました。 この結果、昨年の京都大学、一橋大学に引き続き、私立大学としては初めての専門大学院が本学に誕生することになりました。

伊藤文雄
国際政治経済学研究科長 伊藤文雄
研究テーマは市場経済システムにおける市場取引のメカニズムの解明。日本商業学会、日本経営学会、日本経済政策学会、Association for Evolutionary Economics(国際学会)所属。私立大学等経常費補助金特別補助検討委員会委員
詳細は〈GSIM〉http://www.gsim.aoyama.ac.jp/をご覧ください。


 2001年4月、青山学院大学は国内の私立大学で初めての専門大学院「国際マネジメント研究科国際マネジメント専攻修士課程」および「同専攻博士後期課程」を開設。特に専門大学院(国際マネジメント専攻修士課程)については、学部卒業生、中堅ビジネスマン、さらには企業経営陣といった、バックグラウンドの異なる人々に対する高度専門職業人養成に特化した昼夜開講制のいわゆる“ビジネススクール”です。この専門大学院設立にあたって、1990年に開設した夜間大学院「国際ビジネス専攻」の10年間の実績をベースに、国際政治経済学研究科長・伊藤文雄教授を中心としたグループによって計画が進められてきました。そこで、今回の「国際マネジメント研究科」設置の経緯とその教育・研究の特色について、伊藤教授にお話をうかがいました。

まず、今回専門大学院である「国際マネジメント専攻
修士課程」を設置された背景について聞かせてください。

 私たちは、1990年に夜間大学院を設置した当時から欧米型のビジネス・スクールの構想を抱いていました。しかしまだ教育制度面などで時期尚早だったのです。そして、この10年の間に社会、文化、経済のグローバル化が拡大し、大学として、新しい知識や専門能力を持った「高度専門職業人養成」の要請に応えていかなければならなくなりました。従来の学部教育や研究者育成がメインだった大学院教育の中では、こうしたニーズには応えきれない現実があります。そこで、研究者育成を主とした従来型の大学院とは別に、高い専門能力を持った実務家養成を目指す専門大学院の制度がスタートしたのです。専門大学院の設置には、専任の教員組織、実践的な専攻分野を網羅したカリキュラム、専用の施設設備などの基準があり、これらをクリアしなければ設置が認められません。しかし、私たちは国際ビジネス専攻からの蓄積がありましたし、専門大学院の設置を予想して準備を重ねてきましたので、他の私立大学に先駆けて認可を受けることができたわけです。

国際マネジメント研究科には、どのような教育プログラムが
用意されているのか教えてください。

 修士課程は「MBAプログラム」と「エグゼクティブMBAプログラム」という2つのプログラムに分類できます。これに博士課程の「Doctor'sプログラム」を加えた3プログラムによって構成されています。  まず、「MBAプログラム」ですが、これは実務専門家として活躍することを望む学部卒業生を対象にした昼間主コースと、企業の中核として働いているビジネスマンの方々を対象とした夜間主コースに分けることができます。「MBAプログラム」には「国際経営」と「ファイナンス」の2つのコースを設置します。国際経営コースは、グローバル企業の国際経営管理分野に特化した実践的なカリキュラムを編成しています。一方、ファイナンスコースは、グローバル企業の財務管理、ファンド管理、証券分析の各部門で活躍するためのカリキュラムを編成しています。いずれも授業方法は、従来型の講義方法ではなく事例研究(ケーススタディ)、現地調査(フィールドワーク)、そしてディスカッションをミックスした授業方法が取り入れられます。また、現在産業界の第一線で活躍中の実務専門家を講師として招き、実際のビジネスに基づいた授業をしていただきます。そして、遠隔教育のグローバルクラスルームやFASTを主要な修了条件として、世界の大学院との知識の共有をコンセプトとしたグローバルスタンダードの教育・研究を展開していきます。

「エグゼクティブMBAプログラム」は、
どのようなものなのですか。


 20年以上のビジネスキャリアを持つエグゼクティブの方々が、「明日の経営者」を目指すためのクラスです。近年、大型企業の倒産などで経営者の責任が厳しく問われています。こうした事態を見ていると時代の変革に対応した企業のエグゼクティブ育成が急務と思われます。今までの経営のやり方が通用しなくなった今、経営者も変わらなくてはならないのです。そこで、次の経営者を目指す方々を対象に、3~4人のグループで事例研究行い、ディスカッションを重ねる中でネゴシエーション能力、プレゼンテーション能力、経営戦略立案能力、そしてリーダーシップを磨き、トータルなトップマネジメント能力を身につけてもらいます。ただ、多忙なエグゼクティブの方々が、年間を通して学校に通うのは困難です。そこで、このプログラムでは1週間の集中講義を年3~4回程度開講します。いわば、年数回の海外視察に出掛けたつもりで、大学院で学んでいただくというわけです。また、通常このようなエグゼクティブクラスでは、学位の授与はされないのですが、修士(国際マネジメント)の学位を得ることができます。これは世界的に見てもきわめて珍しいことです。私自身は、21世紀の経営トップを目指す人には、博士課程でもぜひ学んでもらいたいと思っています。博士課程には、今後、わが国でも一般的になるであろうビジネススクール担当の研究者育成という大きな役割もあります。

近年、「日本型ビジネススクール」という言葉を
しばしば耳にしますが、「国際マネジメント研究科」は
それとは異なる性格を持ったものなのでしょうか。


 違いますね。私たちが目指しているのは、先程も触れた通り「グローバルスタンダードのビジネススクール」です。企業のグローバル化が進む今、国別のビジネス教育などありえないのではないでしょうか……。「国際マネジメント研究科」のキーワードは「国際性」であり、世界のビジネススクールと密接な連携を図りながら、ボーダレスな教育研究環境の構築を目指していきます。マネジメントゲームやFASTなどの導入、英語による講義や外国人講師の登用といった面だけではなく、履修システムや各授業科目の中味までも、徹底的にグローバルスタンダードを念頭に置いて考えられています。そして、こうした国際性は、一朝一夕に創られたものではありません。夜間大学院における10年の試行錯誤と周到な計画がベースになっています。おそらくこれから専門大学院設置を行う他の私立大学が、本学の「国際マネジメント研究科」の教育・研究システムをモデルにして、設置してくるのではないでしょうか……。私たちは、この専門大学院の国際性、先進性にそれだけ大きな自信を抱いているのです。


●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY