青山学院大学 AGU NEWS Vol.6
AGUニューズ[2001年3~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●理工学部秋光研究室で
 高温超伝導体を発見

●新キャンパス最新レポート
●緑が丘グラウンド(仮称)着工へ…
●ガウチャー・メモリアル・ホール
 建設進む



●卒業生メッセージ
●AGUニューズ創刊1周年
●理工学部化学科重里研究室が
 オランダの国際会議に参加

●第3回公共選択学会で
 経済学部中村ゼミが最優秀賞



●新役員紹介
●男子バスケットボール部が
 全国初制覇

●女子バドミントン部が団体V
●ロイヤルサウンズ
 ジャズオーケストラ
 1年間の活動を振り返って…

●水難現場で人命救助


●地球温暖化を考える
 ―何が問題か―



●2001年度公開講座
●卒業後の連絡先一覧
●オープンキャンパス
 新キャンパス説明会

●2001年度
 一般入学試験出願について

●シリーズ大学探訪5
 ジョン・F・ガウチャー




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


特集

世界最高の臨界温度を持つ金属間化合物超伝導体
MgB2(二ホウ化マグネシウム)
top 2 3 4
「超伝導」とは何だろう?
学長挨拶 記者会見冒頭、挨拶に立った半田学長教授の解説 文部科学省の記者会見でOHPを使いながら「二ホウ化マグネシウム」の説明を行う秋光教授カメラマン 記者会見会場には多くの報道陣が詰めかけたインタビュー 記者会見後も記者の取材を受ける秋光教授

 物質に電気を流す際、必ず電気抵抗が生じます。ところが物質の温度を下げていくと、ある温度(臨界温度)で電気抵抗が急に落ち、それ以下の温度で抵抗が無くなる現象が見られる、この現象を「超電導」と呼んでいます。物理学の世界では「超伝導」と表記されることが多いのですが、まったく同じ意味です。
 1911年にオランダの物理学者カマリング・オネスによって水銀の超伝導(臨界温度は絶対温度4.2K)が発見され、その後すず、鉛など、磁性を示さない多くの金属や合金にこの現象が生じることが確認されてきました。電気抵抗がないわけですから、超伝導体で作ったワイヤをリングにして、そこに電気を流せば永久に電気は流れ続けます。また、超伝導体を巻いて電磁石にすれば、地磁気の数十万倍も強い磁場を作ることができます。
 しかし、長らくこうした超伝導現象のメカニズムについてはなかなか解明が進まず、ようやく1957年にアメリカのバーディーン、クーパー、シュリファーによる「BCS理論」によって明らかにされました。 1986年以降、絶対温度100K前後の高温で超伝導になる銅酸化物系セラミックスの超伝導体が多数発見され、サイエンスの世界と産業界ではちょっとした“高温超伝導フィーバー”が巻き起こったことがありました。「高温」といっても、絶対温度100K=摂氏マイナス173度という特殊な低温状態なのですが、温度を下げるのに高価な液体ヘリウム装置を使わず、冷蔵庫と同じ仕組みの冷凍機で容易に超伝導にできるようになりました。現在は、身体を断層撮影するMRI(磁気共鳴診断装置)やリニアモーターカーなどに超伝導磁石が利用されており、将来的には電力貯蔵や超高速コンピュータ用の電子素子などへの応用も期待されています。【BACK】【NEXT】







朝日新聞 2月24日*
3月11日
3月14日
3月16日*
読売新聞 2月24日*
3月 1日*
3月10日*
3月13日*
日経新聞 2月24日*
2月27日
3月 7日
3月16日
3月22日
東京新聞 2月24日*
2月27日*
産経新聞 2月24日* 毎日新聞 2月25日*
3月16日*
Nature 3月1日号 Yomiuri
Weekly
3月18日号
* 印は夕刊に掲載

ページのトップへ
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY