青山学院大学 AGU NEWS Vol.6
AGUニューズ[2001年3~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●理工学部秋光研究室で
 高温超伝導体を発見

●新キャンパス最新レポート
●緑が丘グラウンド(仮称)着工へ…
●ガウチャー・メモリアル・ホール
 建設進む



●卒業生メッセージ
●AGUニューズ創刊1周年
●理工学部化学科重里研究室が
 オランダの国際会議に参加

●第3回公共選択学会で
 経済学部中村ゼミが最優秀賞



●新役員紹介
●男子バスケットボール部が
 全国初制覇

●女子バドミントン部が団体V
●ロイヤルサウンズ
 ジャズオーケストラ
 1年間の活動を振り返って…

●水難現場で人命救助


●地球温暖化を考える
 ―何が問題か―



●2001年度公開講座
●卒業後の連絡先一覧
●オープンキャンパス
 新キャンパス説明会

●2001年度
 一般入学試験出願について

●シリーズ大学探訪5
 ジョン・F・ガウチャー




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp

特集
21世紀、青学は変わる
新キャンパス最新レポート

 これまでにも「AGU NEWS」でお知らせしているとおり、青山学院大学は昨年3月に新日本製鐵株式会社から同社相模原研究所跡地(神奈川県相模原市淵野辺)を購入しました。ここに新キャンパスを開学し、本学は青山キャンパスとともに2つのキャンパスに集約されることになります。2003年4月の相模原キャンパス(仮称)開学に向け、その利用方法や具体的なプラン策定のために「新校地基本計画委員会」を中心とするいくつかの検討グループが組織され、21世紀にふさわしい新キャンパス構築に向けて着々と計画が進められています。そこで今号では、新校地基本計画委員会の副委員長をつとめる西澤宗英副学長に、新キャンパスの構築プランや進捗状況についてお話をうかがいました。。

top 2 3
文理融合型の 新キャンパス構築にむけて

西澤宗英教授
副学長/西澤宗英教教授

 新しいキャンパス用地は、東京ドームのグラウンド面積のおよそ12.3個分、敷地面積16万平方メートル(約4万8,800坪)を有する広大な土地です。ここでは、これまで厚木キャンパスで学んできた人文・社会科学系学部の1・2年次生と、理工学部の大学院を含む全学生が学ぶことになります。複数のキャンパスをもつ本学では、世田谷キャンパスのように1キャンパスで学部学科・大学院教育を完結させる「縦割り型」と、1・2年生は厚木、3・4年生は青山という学年別置、つまり「横割り型」のキャンパス構成を取り入れてきましたが、相模原の広大な校地を取得したことにより、「縦割り」「横割り」のそれぞれのメリットを生かす複合的なキャンパスが誕生することになります。また、人文・社会科学系と理工学系の学生が同じ敷地内で学ぶことにより、学問の領域を越えた相互の学生交流の活発化、さらには知的好奇心の向上の実現をも目指していきます。【NEXT】

開学までのスケジュールを見る

副学長に聞く
新キャンパス最新情報
クエスチョン一覧

【2ページ】
・新キャンパス構築プランは、
 どのような形で
 進められていますか?
・新キャンパスの特徴は?
【3ページ】
・具体的には、
 どのような施設が
 予定されていますか?
・理工学部の移転で大きく
 変わることがありますか?
・地域住民の方々の
 熱心なバックアップも
 大きな支えになりますね。


ページのトップへ
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY