青山学院大学 AGU NEWS Vol.6
AGUニューズ[2001年3~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●理工学部秋光研究室で
 高温超伝導体を発見

●新キャンパス最新レポート
●緑が丘グラウンド(仮称)着工へ…
●ガウチャー・メモリアル・ホール
 建設進む



●卒業生メッセージ
●AGUニューズ創刊1周年
●理工学部化学科重里研究室が
 オランダの国際会議に参加

●第3回公共選択学会で
 経済学部中村ゼミが最優秀賞



●新役員紹介
●男子バスケットボール部が
 全国初制覇

●女子バドミントン部が団体V
●ロイヤルサウンズ
 ジャズオーケストラ
 1年間の活動を振り返って…

●水難現場で人命救助


●地球温暖化を考える
 ―何が問題か―



●2001年度公開講座
●卒業後の連絡先一覧
●オープンキャンパス
 新キャンパス説明会

●2001年度
 一般入学試験出願について

●シリーズ大学探訪5
 ジョン・F・ガウチャー




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


特集

副学長/西澤宗英教教授に聞く
no. top 2 3
q3

 キャンパスのシンボルとなる礼拝堂と図書館・情報系・研究室を合わせた棟は独立した建物として建設する予定です。教室棟は、できるだけ少人数クラスで授業をしたいという方針から、小・中規模のものを中心に考えています。食堂や部室を中心にした厚生棟も建てられます。また、単に教室と食堂の行き来だけでなく、広場、インターネットカフェなど、空き時間や授業後にくつろげる空間、学生同士・学生と教員が交流しやすい環境づくりも積極的に進め、“学生が少しでも長くいたいと思うキャンパス”を目指します。

新キャンパスを見る
●グランドデザイン ●理工学部棟
●エントランスゾーン ●プロムナード
●学生ラウンジ ●スチューデントプラザ
q4

 一つの完成した「縦割り型」の学部が新キャンパスにできることは非常にインパクトがあると思います。世田谷キャンパスは、ほぼ「縦割り型」で理工学部単独のキャンパスでしたが、今度は人文・社会科学系学部と融合したキャンパスになります。礼拝堂や図書館、食堂や購買会のような共用施設が充実し、より使いやすくなるでしょう。
 今後、理工学部の学生は、新キャンパスで大学の4年間を過ごすことになるわけですから、これまで青山キャンパスだけで行っていた入学試験を、新キャンパスで実施することも考えられます。


q5

 相模原市は中小企業・新産業振興に非常に熱心で、また理工学系の学部誘致に積極的だったこともあり、理工学部を含めた本学の移転を歓迎してくださっているという感触を得ています。
 本学でも、住民の方々に愛されるキャンパスづくりを目指し、昨年秋と12月の計2回、周辺の各自治会長に新校地購入の経緯や具体的なプランなどの説明をさせていただきました。また、これとは別に本学の事務職員が、近隣にお住まいの方を訪問し、個別にご挨拶もさせていただいています。将来的には、公開講座の開催やグラウンドの開放、また同市が運営する「さがみはら産業創造センター」への本学の研究成果の提供などを通じて、地域に開かれたキャンパスづくりを進めたいと考えています。

◆◆◆
 2003年4月、青山学院大学は大きく変わります。学ぶ意欲をかきたてる未来志向のキャンパス、知的好奇心を満足させるカリキュラム編成……単に学部や学生が移るだけでなく、青山・厚木・世田谷キャンパスとは異なるまったく新しいキャンパスを学生とともに創造していきたいと思っております。新しいことに取り組みたいという意欲あふれる多くの若者の入学を期待しています。【BACK】


ページのトップへ
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY