column
生井敏雄
就職部事務部長
生井 敏雄
 進路のひとつである就職を選ぶということは、生活の糧を得るだけでなく、仕事を通して社会のために役立つということではないでしょうか。
熱心に就職活動をしても、失敗する人と成功する人がいるのはなぜでしょう。内定を得た学生は「自分の考えを持って、自分の考えていることを話せばいいんだ」ということに気づいています。苦戦している人は「どうすれば通るのか、どこなら受かるのか」に汲々としているようです。うわべだけのアピールで採用担当者はごまかされません。なぜそう考えるのか、なぜそう言えるのか、学生時代の過ごし方や20数年の経験にその裏付けを求めます。目的意識をもって学生生活を過ごすことが大切だということです。
 何が出来るのかも問われます。就職活動のため資格を取れ、ということではありません。新入社員がいきなり何かのプロであることは求められませんが、数年間の仕事歴を持つ人であれば、あなたは何が出来ますか、と聞かれることでしょう。自分のスキルを高めるには自分が努力することしかありません。どのような仕事であれプロになりましょう。
 現実を踏まえること、将来を見つめること、目的意識を持つこと、精神的に自立すること、これらに真剣に取り組む、つまり「生きる力」を持ってほしいものです。

close
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY