青山学院大学 AGU NEWS Vol.7
AGUニューズ[2001年7~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●2000年度
 就職活動を振り返って

●2001年度
 教員採用試験を終えて

●本学大学院への進学について


●国際協力の現場に触れる
 JICA等の講師による連続講義

●第3回
 AMLオープンフォーラム開催

●青学ベンチャー・ネットワーク
●経済学部・経済学会共催
 日本郵船株式会社社長講演会
 「統合する力―海を超えて、
 空へ、陸へ。21世紀の国際物流」



●英語資格取得者自己推薦入試
●海外就学経験者入試について
●東北学院大学総合定期戦
●2002年度一般入学試験日程
●2001年度
 進学相談会開催日程

●第8回大学同窓祭開催
 “あの日に会える”

●公開講座
 公開講演会のお知らせ



●地の塩・世の光


●高校1・2年生のための
 新キャンパス説明会

●新キャンパスいよいよ着工へ…
●校歌を着メロにしませんか?
●清里サマー・カレッジ
●シリーズ大学探訪7
 本多 庸一




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


タイトル

大野昭彦
国際政治経済学部・国際政治学科
大野昭彦 教授

「地域圏研究各論1」(2001年度前期・3~4年次対象)
 私が担当する今年度前期の「地域圏研究各論1」は、毎回、国際援助の現場で活躍する方々を迎えてオムニバス形式で行われる授業です。現代の経済学とは「理論」と「実証」の両輪によって成り立っている学問分野ですが、いわばこの講義はそのうち「実証」の部分に相当するものです。
 国際政治経済学部の学生に関わらず、近年、NGOや国際機関などで、途上国の開発援助などの仕事に携わりたいという夢を持つ学生が増えているようです。しかし、国際協力の実態についてきちんと把握している学生は、果たしてどれだけいるでしょう? また国際協力というきわめてデリケートな問題に対するしっかりしたフィロソフィー(哲学)を抱いている学生となると、残念ながらほとんどいないのが実状です。この講義はそうした学生に国際協力の生の姿に触れてもらうため開講しました。また、国際協力は、そうした仕事をめざす人たちだけに関係ある問題ではありません。たとえば、政府のODAに費やされる巨額の税金の使途に対して厳しい目を注ぐことは、国民=納税者としての大きな義務でもあります。ですから、職業としてではなく、この問題に関心がある学生なら誰でも歓迎しています。


 国際協力・援助とは、決してバラ色の世界ではありません。ODAによる開発援助では常にビジネスや政治の論理が介入してくる一方、基本的に人々の善意で成り立っているNGOの活動でも、相手を助けたいという気持ちが、実は異文化の人々にとって多大な負担や迷惑をかけているという例が少なからずあります。

JICA

 私は長年、インドや東南アジアを中心に経済発展からとり残された地域を回りながら研究を続けており、国際協力事業団(JICA)の活動にも関わってきました。今回の授業の講師は、このJICAのスタッフを中心とした方々に担当していただき、私自身はコーディネーターとしてこの講義の目的と内容、さらに受講にあたっての心構え等を説明するオリエンテーションのみを行います。JICAスタッフ以外にも青年海外協力隊OB・OGやNGOメンバーも、講師として登場しますし、日本の国際協力だけではなく、国連機関の活動やカナダのODA政策なども紹介されますので、半期の授業を通してグローバルな視点から国際協力というものを理解することができると思います。
 受講する学生は、各講師の話に対して「なるほど」と頷いて聞くだけではなく、その内容に疑問を抱いたり、批判的な目を持ってもかまいません。むしろ私は、そのようにして学生それぞれが国際援助の現状に対して、なんらかの問題意識を持ってもらうことを期待しています。そうした問題意識の形成を出発点にして、一人ひとりが国際協力に対するフィロソフィーを確立してもらうことが、実はこの講義の最大の目的だからです。


 学生に対しては、期間中にレポートを3回提出してもらいます。その際、単に授業の梗概をまとめるのではなく、講師の話を通して得た国際協力・援助に対する自分の考えやフィロソフィーを述べるように求めています。私がなぜこのように“フィロソフィー”ということを繰り返し強調するかと言えば、国際協力・援助に対する確固とした考えがない人は、いざ、現場にたたされた際、挫折や失望を味わう危険性が高いからです。ビジネスマンや政治家・官僚と渡り合うぎりぎりのネゴシエーション、まったく異なる生活感覚と価値観を持った途上国の人々の社会での暮らしと交流、海外スタッフの活躍を支える国内における膨大かつ地道な仕事……現場での生の声に触れることは、学生が将来を考えるにあたって欠かせないものと考えています。
 なお、現在私は、JICAの活動の一環として、ある東南アジアの国の行政担当者と協力しながら、当事国の経済政策等を考える政策支援に協力しています。今後は、建設・土木などのいわゆる“ハコモノ支援”だけでなく、このような“知的支援”ともいえる新しいタイプの国際協力の形もますます増えてくるでしょう。
 この講義をきっかけとして、意欲的に国際協力・援助の仕事に取り組むことができる学生が一人でも多く生まれてほしい……それが私の願いです。

タイトル
  月日 内容 講師
第1回 4.16 JICAの役割 JICA理事
第2回 4.23 オリエンテーション 大野昭彦 青山学院大学教授
第3回 5.7 JICA事業の概要 JICA鉱工業開発協力部
鉱工業開発協力第二課長
第4回 5.14 国際協力の現場から
 ―専門家
JICA総務部広報課長
第5回 5.21 国際協力の現場から
 ―青年海外協力隊
JICA総務部在外事務所課
(他に協力隊OB/OG2名)
第6回 5.28 国際協力の現場から
 ―国際緊急援助隊
JICA派遣支援部
人材確保課課長代理
第7回 6.4 国際協力の現場から
 ―国連機関
JICA医療協力部
医療協力第一課課長代理
第8回 6.11 国際協力の現場から
 ―カナダの援助
JICA医療協力部
計画課課長代理
第9回 6.18 国際協力の現場から
 ―NGO
シャプラニール
(NGO団体)メンバー
第10回 6.25 国際協力の現場から
 ―国内事業
JICA中国国際センター
業務課長
第11回 7.2 JICA事業の今後の展望 JICA国内事業部長


●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY