青山学院大学 AGU NEWS Vol.7
AGUニューズ[2001年10~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●21世紀、青学が変わる!!
 ・2003年4月開学
  「相模原キャンパス」
 ・緑が丘グラウンド始動

●ガウチャー・メモリアル・
 ホール完成

●新しい強磁性体
 CaB2C2の発見

●理工学部TOPICS


●専門大学院国際マネジメント
 専攻修士課程評議委員会を開催

●青山学院大学の
 ロースクール構想



●文学部に転学科制度を導入
●2001年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●経済学部
 創立50周年シンポジウム

●青学ベンチャー講演会開催
●2001年度オープンキャンパス
 ―10,000人が来場―

●2002年度
 一般入学試験日程

●AGU受験相談会のおしらせ
●大学同窓祭開催報告
●新役職員紹介
●青山学院大学
 フェスティバル in さがみはら



●「身近になったe-business」


●高校1・2年生のための
 新キャンパス説明会

●青山祭
●クリスマス・ツリー点火祭
●シリーズ大学探訪8
 勝田銀次郎




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp



報告
タイトル


国際政治経済学部
港 徹雄 教授

 2001年4月に青学ベンチャー・ネットワークが設立され、第1回のシンポジウム「青学発ベンチャー:若き起業家達の挑戦」が6月22日(金)に大学主催で開催されました。パネラーには史上最年少の26歳で上場(東証マザーズ)企業社長になった藤田晋氏('97年経営学部卒[(株)サイバーエイジェント代表取締役社長])、大学在学中に「電脳隊」を設立しモバイル事業の先駆をなした川邊健太郎氏('98年法学部卒[ヤフー(株)プロデューサー])を迎え、コーディネータは電気通信大学の客員助教授で、起業家支援や産学協同のエキスパートである竹内利明氏('76年理工学部卒[(有)陽明エンジニアリング社長])が務めました。当日は約400人の聴衆が集まり、主催者を代表して半田正夫学長が挨拶した後、パネラー討論が行われました。

 まず藤田氏がなぜ学生時代に事業家を目指すようになったのか、卒業時に多くの選択肢の中から、なぜベンチャー企業を就職先に選んだのかを説明し、そこで自己に対する先行投資と考え懸命に働いたこと、さらに就職1年後にインターネット広告に着目し、起業に至った経緯を具体的に語りました。この中で、明確な目標設定が重要であり、強い意思を持ちハードワークに耐えることができれば夢を実現できると強調され、株式上場後には株価低迷など厳しい面もあるが、事業を行うことで世の中にインパクトを与えているという実感があり、エキサイティングでたまらなく面白いと述べられました。


 他方、川邊氏は「楽しい仲間と楽しい仕事をする」ことをモットーにしており、インターネット時代の到来を感じ、大学の友人と「電脳隊」を結成したこと。そこで人材をどのように確保し、経営学の知識をどのように獲得したのかを語られました。また、パソコン関連事業からまだ市場の見えないモバイル事業にいち早く転換した経緯を説明。その後、事業の国際展開を考え5年前に40万円で設立した電脳隊を54億円でヤフーに売却する決断をしたこと。初等部から青学で学んで「門を叩け、そうすれば開かれるであろう」という聖句がチャレンジする人生の精神的支柱になっていると話を結びました。2人の若い起業家に共通するのは明確なヴィジョン、時代の流れを鋭敏に察知する洞察力と環境変化への柔軟な適応です。在学生を中心とする聴衆は同世代の起業家の話に終始熱心に耳を傾け、活発な質問がなされ、終了後も熱気が冷めずパネラーを取り囲んでいる姿が見られました。 (港 徹雄:国際政治経済学部教授、日本中小企業学会会長、青学ベンチャーネットワーク代表顧問)


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY