(1)アリーナ バスケットボール、バレーボール、バドミントンなどの室内競技に対応。1階には可動式観覧席、2~3階には固定式観覧席が設置され、各種イベント利用も可能です。
(2)メディアセンター 図書館、情報処理系の教室、外国語ラボラトリー、共同研究室などが設置され、紙媒体、電子媒体を問わず、本学における知的情報の中枢を担う建物です。また、学生生活の窓口になるスチューデントセンターも置かれています。9階には展望ラウンジが設けられます。
(3)チャペル キャンパスのシンボル的存在。ほぼ中央部にありJR横浜線の車窓からも建物を望むことができます。ステンドグラス、カリオン、パイプオルガンを備え、学生、そして地域の人々にも開かれたチャペルを目指しています。
(4)小教室棟 演習・講義に利用される小教室で構成された校舎です。授業の合間や放課後などに学生同士、教員と学生が語り合えるよう、各階にガラス張りのラウンジを設置していることも特色です。
(5)中教室棟 主として講義に利用される中教室で構成された校舎です。スチューデントプラザから2階に直結した大階段は、通路としてだけではなく憩いの空間としても利用できます。
(6)厚生棟 1階に購買会、1~2階には明るい雰囲気の学生食堂を設置。また、3~4階にはクラブ・サークル部室が並んでいます。
(7)保健管理センター 専任の医師・カウンセラーが常駐する「保健管理センタ」ーと「学生相談センター」が設けられ、学生たちの心と身体のケアに配慮します。
(8)大型実験棟 理工学部の教育・研究には、大規模な実験研究設備が必要です。この棟には、風洞、アイソトープ、低温・恒温実験室、機械工作室など、各学科で利用される大型実験設備を集約しました。
(9)理工学部棟 3棟並んだ両側は、理工学部各学科の研究室・実験室を設置。中央の棟は、日本の科学技術をリードする研究を推進する先端技術研究開発センター(CAT)です。
(10)音楽部室棟 1階は武道場、2階は防音設備を備えた音楽系クラブ・サークルの部室、4階にはライブができるホールが設置されます。
(11)実験・研究棟 すべてのフロアに、理工学部各学科の各種実験室が設けられます。
(12)文理融合棟 文系・理系の学生たちの出会いが生まれる教室棟。工作、絵画、作陶などの特殊教室、人文・社会科学系学部の学生が物理、化学、生物などの実験を行う教室、理工学部の学生が非実験系の講義を受ける教室を設置します。
(13)寮 キャンパスに隣接した寮設備。個室を100室備えています。使途は未定ですが、留学生などの宿舎としての利用も考えています。
(A)プロムナード 正門を入っておよそ200メートル続くケヤキの並木道。相模原キャンパスのメインストリート。
(B)キャンパスコモン
(C)スチューデントプラザ
チャペル、教室棟、学生ラウンジに隣接し、多くの学生が集まる広場。このスペースの使い方、過ごし方は人それぞれ。ご自由に。
(D)庭園 静かに散策を楽しんだり、読書にふけったり……緑に囲まれた思索と語らいの空間。
(E)学生ラウンジ キャンパスのベストポジション。2階まで吹き抜けのインターネットカフェでは、自分のノートパソコンでインターネットにフリーアクセスが可能です。バリアフリー空間になっていることも特色で、2階には非常勤講師控室を設置します。
(F)グラウンド 陸上トラックを備え、体育実技に利用されます。
(G)野球場 主として硬式野球部の練習に使われます。観覧席も設置されます。
(H)屋内練習場 雨天時等にバッティング・ピッチング練習に使われます。
ページのトップへ
CLOSE
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY