青山学院大学 AGU NEWS Vol.7
AGUニューズ[2001年10~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●21世紀、青学が変わる!!
 ・2003年4月開学
  「相模原キャンパス」
 ・緑が丘グラウンド始動

●ガウチャー・メモリアル・
 ホール完成

●新しい強磁性体
 CaB2C2の発見

●理工学部TOPICS


●専門大学院国際マネジメント
 専攻修士課程評議委員会を開催

●青山学院大学の
 ロースクール構想



●文学部に転学科制度を導入
●2001年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●経済学部
 創立50周年シンポジウム

●青学ベンチャー講演会開催
●2001年度オープンキャンパス
 ―10,000人が来場―

●2002年度
 一般入学試験日程

●AGU受験相談会のおしらせ
●大学同窓祭開催報告
●新役職員紹介
●青山学院大学
 フェスティバル in さがみはら



●「身近になったe-business」


●高校1・2年生のための
 新キャンパス説明会

●青山祭
●クリスマス・ツリー点火祭
●シリーズ大学探訪8
 勝田銀次郎




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp

21世紀青学が変わる

21世紀青学が変わる
半田学長
青山学院大学
学長 半田正夫

 21世紀、青山学院大学は大きく変わります。そして、その変革の大きな節目となるのが「相模原キャンパス」開学。広大な敷地を存分に活用して、新しい発想や試みを取り入れた特色あふれるキャンパスとなる予定で、現在、建設が着々と進んでいます。
 新キャンパスの最大の特徴は、人と人とのコミュニケーションを重視した「文理融合型キャンパス」であること。同時に人と自然との共生を考慮しながら21世紀の循環型社会に対応した「エコキャンパス」の実現です。

新キャンパスへの移転年度が決定

 既存キャンパス(厚木、世田谷)より新キャンパスへの移転は、人文・社会科学系学部の1・2年次生と同時に理工学部の大学院を含む全学生について「2003年4月」となることも決定しました。(「入学年度別就学キャンパス」表参照)これにより、名実ともに文理融合型キャンパスとしてスタートできることになります。

新キャンパス名称決定

 これまで“仮称”として使われてきた 「相模原キャンパス」という名称ですが、新キャンパス名称選考委員会および青山学院理事会の承認を受け、9月末に正式名称として決定しました。名称決定に至る経緯を振り返りますと、まず学生、教職員、卒業生からインターネットなどを利用して広く公募。集まった合計616件もの新キャンパス名称候補に対し、さらに学生、教職員、卒業生による投票を行いました。その際、もっとも得票が多かったのが「相模原キャンパス」です。正式決定に当たっては、広告会社などで活躍中の卒業生による、専門的な見地からのアドバイスも受けています。集まった候補の中にはユニークで奇抜な名称も多数ありましたが、結局、地域名を冠したオーソドックスな命名に落ち着きました。やはり地域名を冠した青山キャンパスとの整合性、また、今後数十年、百年のスパンで親しまれていく名称であることを考えますと、今回の決定は多くの方々が満足できるものと考えています。
 「相模原キャンパス」から始まる青山学院の新しい歴史にどうかご期待ください。

特集のトップページへこのページのトップへ
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY