TOP

学部長あいさつ

経営学部長 安田 洋史 [Hiroshi Yasuda] 経営学部長 安田 洋史 [Hiroshi Yasuda]

経営学部長 安田 洋史 [Hiroshi Yasuda]

学部長あいさつ

 青山学院大学経営学部は企業をはじめとする組織のマネジメントを、その研究・教育の対象としています。そして「知の塩、世の光」というスクールモットーに基づき、地球規模の視野に基づく正しい認識をもって、自ら問題を発見し解決する知恵と力をもつマネジメント人材を育成することをその教育目標として掲げています。当学部は2学科体制をとっており、経営学科は主として組織の内部の視点からマネジメントの諸問題に取り組み、マーケティング学科は組織とその外部にある市場とのインターフェースの視点からのアプローチを行います。この2つの学科は独立しているものの、車の両輪として緊密に連携しており、学生はどちらの学科に所属しても4年間をとおして経営、会計、マーケティング、商学、ファイナンスなど、現代の経営に係わる諸テーマを広範にかつ体系的に学習していくことになります。
 またグローバル化が進展する社会の中で、どのような分野に進もうとも、しっかりとした語学力に支えられたコミュニケーション能力は不可欠です。少人数クラスでの密度の濃い英語教育を通して、効果的な語学・異文化学習ができる環境の整備にも注力しています。さらにビックデータの活用が企業の競争力を左右すると言われる時代に、経営をデータに基づくサイエンスとして捉えることの重要性が増しています。このような時代の流れを先取りして、データを駆使した経営手法を習得するための科目も数多く提供されています。
 このように青山学院大学経営学部には、これからの社会で活躍するための数々の学びの機会がありますが、併せて学生自らが参加して学びの環境を作り上げていく仕組みもあります。SBSL(School of Business Student Leaders)は経営学部の学生団体で、新入生オリエンテーション、オープンキャンパスなどの学部行事や各種ボランティア活動を自主的に運営しています。またゼミナール連合会はゼミナールの代表学生から構成される学生組織で、ゼミナールを横断した活動や2年生のためのゼミ説明会などを企画して、ゼミナール活動の一層の活性化に貢献しています。こうして学生が主体となって魅力的な学びを実現する取り組みが活発に行われています。
 経営学部の学生が4年間学ぶ青山キャンパスは、今や日本を代表するIT産業の集積地となった渋谷と、トレンドの再先端を発信し続ける表参道に隣接し、最新の経営やマーケティングを学ぶうえでこの上ない立地にあると言えます。このような恵まれた環境の中で、学生がお互いに切磋琢磨しながら様々なことにチャレンジし、充実した学びを実践することができるよう努めていきたいと思います。