メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

経済学科の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

理論・数量コース

科目名 特長
初学者のためのゲーム理論 ある主体の行動が他の主体の行動に依存する場合、それぞれの主体間には競争、衝突、協力関係が発生する。経済的な取引における相互依存を分析する際に利用されるゲーム理論の初歩的な考え方と応用例を平易に説明する。
行動経済学 人間心理や認知科学の方法論を取り入れた分野である「行動経済学」や「ニューロエコノミックス」の概要と、現代の「リスク社会」を分析していくためには何が必要か、「リスク社会」としての経済をいかに理解するかについて説明する。
経済学史Ⅰ 経済学には250年余りの歴史があり、そこには偉大な経済学者たちの思考の積み重ねがあった。この歩みは、経済を動かしている力を理解するために様々な視点(考え方)が出てくるという形で進んでいる。このような経済学の歴史について説明する。
経済数学Ⅰ 経済学の基本的な概念を理解する上では、その概念を図を使って表し、数学的な式を使って示すことが有効な場合がある。経済学の分野で広く利用される解析学の基礎と、とくにミクロ経済学への適用について説明する。
計量経済学Ⅰ 経済理論の枠組みの中で経済変数間の関係を計測したり、統計資料(データ)を用いて仮説を検証する統計学を基礎とした分析手法である。基礎的な分析手法や、マクロ経済モデルを構築し、政策分析や経済予測を行う方法について具体的に実習する。

政策・産業コース

科目名 特長
経済政策論Ⅰ 巨額な政府債務、人口減少社会に直面する日本経済にとって望ましい政策運営の在り方を問い直すために、時事的なトピックスを取り上げ、初歩的なマクロ経済学をもとに現実社会における経済問題の原因や、体系的な解決策について説明する。
財政学Ⅰ 公共事業は必要か、国債の発行や租税は適切かなど、私たちの生活に密接に関わる政府活動を論理的な視点で考え、その基礎理論を利用して現実社会に応用していくために、政府活動を歳入面と歳出面の側面から説明する。
社会政策基礎 国家による労働者政策と理解されてきた社会政策の資本主義の歴史的展開に伴う思想的展開や、戦後日本の労働政策と労使関係、労働市場の構造変化、高齢化社会と社会保障といった現代日本の社会問題について説明する。
ファイナンス論基礎 経済活動の源泉である企業等の投資の実施やそのキャッシュ・フローに関する考え方、国債・株式等の金融資産の価格付けなど、ファイナンスの基礎について説明する。エクセル等を用いた基本的な計算や問題演習といった実習も行う。
金融論Ⅰ 私たちの生活において金融が果たしている役割を理解するため、金融システムや資金循環、利子率や株価の決定、銀行の構造などについて説明する。ミクロ経済学、マクロ経済学をベースに金融について考える応用的な科目である。

歴史・国際・地域コース

科目名 特長
日本経済史Ⅰ 近代産業の確立、財閥、恐慌、戦後の経済の民主化などを取り上げ、近代日本の経済的枠組みが形成された江戸時代から明治維新以後の急速な工業化、第二次大戦敗戦を経て戦後の高度成長に至る日本経済の激変と発展の過程について説明する。
欧米経済史Ⅰ 今日の経済社会において支配的な経済システムである資本主義は、西欧封建制社会の中に誕生し、封建制社会を崩し他の諸地域を巻き込んで成長した。この過程をおもにイギリス、フランス、ドイツ、アメリカを取り上げて説明する。
国際経済学Ⅰ 国際化の時代の中で、経済現象を国際的な視野で見ることの重要性はますます高まっている。知識の収集というより、国際経済の考え方を身に付けることを目的に、国際貿易を中心に基本的な考え方と理論について説明する。
経済地理 地理学の研究対象となる事象は数多く存在するが、地理学的研究の特徴はある事象を空間的観点から考察することにある。農業、工業、商業・サービス業などの経済活動について、立地と変動という地理的な見方を通して理論的に説明する。
GIS入門 コンピュータ上でデジタルマップに統計データを重ねて現実世界を分析する「地理情報システム:GIS=Geographic Information System」を使い、基本操作や経済活動を対象とした空間分析の方法について具体的に実習する。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院