TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

学科科目(教育学科)

学科科目(教育学科)

教育学科の学科科目についてご紹介いたします。

※ 以下の情報は、次年度以降、講義内容等、変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

学科科目履修方法

(1)学科科目の必要単位
【各コース共通】必修および選択必修
必修〔30単位〕

教育学概説〔2〕 教育心理学概説〔2〕 教育制度概説〔2〕 教育思想概説〔2〕
教育学研究法〔2〕 基礎演習〔2〕 教職総合演習〔2〕 応用演習Ⅰ〔2〕
応用演習Ⅱ〔2〕 専門演習〔4〕 卒業研究〔8〕

選択必修〔12単位〕

選択必修科目A(学科科目配置表で種別欄にAを付した授業科目、以下「共通科目A」という。)の中から6単位と、選択必修科目B(学科科目配置表で種別欄にBを付した授業科目、以下「共通科目B」という。)の中から6単位。合計12単位選択必修。
ただし、A、B 各6単位ずつ、合計12単位を超えて修得した場合は、その科目が属する群の修得単位とします。

共通科目A
人間形成学総論〔2〕 教育社会学総論〔2〕 臨床教育学総論〔2〕
教育情報学総論〔2〕 メディア・コミュニケーション総論〔2〕
幼児教育原理A〔2〕 学校教育学総論〔2〕 初等教育原理A〔2〕

共通科目B
宗教教育学〔2〕 キャリア教育A〔2〕 社会福祉概論〔2〕
生涯学習概論Ⅰ〔2〕 高等教育論A〔2〕 認知科学概論〔2〕
図書館情報学概論〔2〕 臨床保育学A〔2〕
教職論〔2〕 教育方法論(初等)〔2〕 教育課程論(初等)〔2〕

【コース別】選択必修および自由選択
人間形成探究コース〔選択必修16単位、自由選択34単位〕

・科目配置表第Ⅰ群の科目の中から選択必修16単位
・自由選択34単位

臨床教育・生涯発達コース〔選択必修16単位、自由選択34単位〕

・科目配置表第Ⅰ群の(1)の科目、第Ⅱ群の科目、第Ⅳ群の(4)の科目の中から選択必修16単位
・自由選択34単位

教育情報・メディアコース〔選択必修16単位、自由選択34単位〕

・科目配置表第Ⅲ群の科目の中から選択必修16単位
・自由選択34単位

幼児教育学コース〔選択必修38単位、自由選択12単位〕

・科目配置表第Ⅳ群の科目、第Ⅴ群の(5)の科目の中から選択必修38単位
・自由選択12単位

児童教育学コース〔選択必修46単位、自由選択4単位〕

・科目配置表第Ⅴ群の科目の中から選択必修46単位
・自由選択4単位

(2) 「専門演習」について

専門演習を履修する学生を対象として、11月~12月に「専門演習予備登録」を行う予定です。詳細については、学生ポータルや掲示等で知らせますので注意してください。

(3) 「卒業研究」について

(イ)「卒業研究」は、年度初頭における履修登録の結果、その年度に卒業見込みとなる者でなければ履修できません。また、指導教員は教育学科教員です。

(ロ)4年次において、「卒業研究」を履修し単位を修得するものとします。

(ハ)「卒業研究」を履修するにあたっては、2年次あるいは3年次において、当該教員の講義または演習を履修していることが望ましい。

(ニ)「卒業研究」の履修について、担当教員によっては、人数制限をすることがあります。

(ホ)研究成果の提出方法等について

4月
教務課への履修登録……事前に指導を希望する教員と面談して、了承を得てから行なってください。
指導教員登録票の提出……履修登録後、教育学科合同研究室(14号館9階)で配布する「指導教員登録票」に記入し、指定の期間に同研究室に提出してください。「登録票」を期日までに提出しない場合は、「卒業研究」の登録が無効になる場合がありますので、注意してください。「登録票」には指導教員の署名を必要としますので、余裕をもって準備してください。

7月
題目届の提出……教育学科合同研究室で配布する「卒業研究題目届」に記入し、指定の期間に同研究室に提出してください。「題目届」を期日までに提出しない場合は、卒業研究を提出することができない場合がありますので、注意してください。「題目届」には指導教員の署名を必要としますので、余裕をもって準備してください。

1月
卒業研究の提出……卒業研究の成果は、論文形式にまとめて、指定の期間に学務部教務課に提出してください。提出期限に遅れた場合は、いかなる理由があっても一切受け付けませんので、余裕をもって準備をしてください。なお、卒業研究には、所定様式の「卒業研究要旨」を添えてください。

(4) 同一科目の履修について

既に合格した科目を再度履修することはできません。
ただし、教育学科学科科目「専門演習」に限り、同一科目であっても担当者が異なる場合、あるいは講義内容が異なる場合は、履修することができます。

(5) 履修順序について
1 2 3
1が合格した場合のみ履修できます 「**実習Ⅰ」が合格した場合のみ同じ種類の実習Ⅱおよび「教職実践演習」を履修できます。
教育学科学科科目 教職課程科目
(1年次配置科目) (2年次配置科目) (3年次配置科目) (4年次配置科目)
教育制度概説
教育思想概説
教育心理学概説
教職論 幼児教育実習Ⅰ 幼児教育実習Ⅱ 教職実践演習(幼)
初等教育実習Ⅰ 初等教育実習Ⅱ 教職実践演習(小)
中等教育実習Ⅰ 中等教育実習Ⅱ 教職実践演習(中・高)

3を履修するためには、2で指定された科目以外にも取得しておくべき科目がありますので、教員免許状取得に必要な科目の履修順序(P.69)を、必ず参照してください。

1 2
1が合格した翌年度以降に履修できます
図書館情報学概論 情報サービス論Ⅱ
情報サービス論Ⅲ
メディア組織法Ⅱ
メディア組織法Ⅲ
(6) 他学部、他学科の学生の本学科学科科目の履修について

教育学科学科科目のうち、下記授業科目は他学部、他学科の学生の履修を認めません。
ただし、
 *1の科目は心理学科の学生、
 *2の科目は社会教育主事資格取得希望申請者、
 *3の科目は司書資格取得希望申請者、
 *4の科目は司書教諭資格取得希望申請者が履修可能です。

履修不可科目
授業科目 単位 授業科目 単位
教育学概説 2 教育心理学概説 2
教育制度概説 2 教育思想概説 2
教育学研究法 2 基礎演習 2
教職総合演習 2 応用演習Ⅰ 2
応用演習Ⅱ 2 専門演習 2
卒業研究 8 人間形成学総論 2
日本教育史Ⅰ *1 2 日本教育史Ⅱ *1 2
宗教教育学 *1 2 教育社会学総論 2
比較発達社会学 *1 2 生涯発達心理学Ⅰ *1 2
生涯発達心理学Ⅱ *1 2 キャリア教育A *1 2
家庭教育A *1 2 家庭教育B *1 2
臨床教育学総論 2 社会福祉概論 *1 2
障害児・者の心理Ⅰ 2 障害児・者の心理Ⅱ 2
障害児・者の施設実習 2 障害児・者の教育 2
障害児・者の福祉 2 障害児・者の医学 2
社会教育課題研究 *2 4 教育情報学総論 2
メディア・コミュニケーション総論 2 学校経営と学校図書館 *2 *4 2
学習指導と学校図書館 *4 2 学校図書館メディア *4 2
情報メディア利用論 *4 2 読書教育論 *4 2
教育学特論J *3 2 図書館情報学概論 *2 *3 2
図書館システムサービス論 *3 2 図書館情報文化論 *3 2
図書館システム経営論 *3 2 情報メディア論A *3 2
情報メディア論B *3 2 情報メディア論C *3 2
児童サービス論 *3 2 メディア組織法Ⅰ *3 2
メディア組織法Ⅱ *3 2 メディア組織法Ⅲ *3 2
情報サービス論Ⅰ *3 2 情報サービス論Ⅱ *3 2
情報サービス論Ⅲ *3 2 情報技術論 *3 2
図書館情報学実習A *3 2 図書館情報学実習B *3 2
教育学特論K *3 2 幼児教育原理A 2
幼児教育原理B *1 2 臨床保育学A 2
臨床保育学B 2 保育方法研究A 2
保育方法研究B 2 保育内容総論A 2
保育内容総論B 2 保育内容教育法(健康) 2
保育内容教育法(人間関係) 2 保育内容教育法(環境) 2
保育内容教育法(ことば) 2 保育内容教育法(表現A) 2
保育内容教育法(表現B) 2 学校教育学総論 2
初等教育原理A 2 初等教育原理B *1 2
教職論 2 教育方法論(初等) 2
教育課程論(初等) 2 初等教科教育法(国語科) 2
初等教科教育法(算数科) 2 初等教科教育法(理科) 2
初等教科教育法(社会科) 2 初等教科教育法(生活科) 2
初等教科教育法(音楽科) 2 初等教科教育法(図画工作科) 2
初等教科教育法(体育科) 2 初等教科教育法(家庭科) 2
生徒・進路指導論(初等) 2 教育相談(初等) 2
特別活動論(初等) 2 道徳教育指導法(初等) 2
学校心理学 2 算数概説A 2
算数概説B 2 理科概説A 2
理科概説B 2 体育概説(理論) 2
体育概説(運動) 2 音楽概説(理論) 2
音楽概説(器楽A) 2 音楽概説(器楽B) 2
音楽概説(声楽) 2 初等国語概説 2
社会科概説 2 生活科概説 2
図画工作概説(美術) 2 図画工作概説(造形) 2
図画工作概説(理論) 2 家庭科概説(被服) 2
家庭科概説(食物) 2 英語音声学(演習) 2
書道 4
(7) 履修取消制度対象外の科目について

教育学科必修科目は、履修取消制度の対象外とします。

教育学科学科科目配置表

種別A 全コース Aから6単位、Bから6単位 計12単位選択必修
12単位を超えて修得した科目はその群の単位となります。
種別B
人間形成探究コース 第Ⅰ群の中から16単位選択必修 上記の選択必修科目として修得したA、B の科目は、これらの単位に含めることはできません
臨床教育・生涯発達コース 第Ⅱ群および(1)(4)の中から16単位選択必修
教育情報・メディアコース 第Ⅲ群の中から16単位選択必修
幼児教育学コース 第Ⅳ群および(5)の中から38単位選択必修
児童教育学コース 第Ⅴ群の中から46単位選択必修
第0群

(太字は必修科目、△は隔年開講)

種別 授業科目 単位 履修年次 備考
教育学概説 2 1
教育心理学概説 2 1
教育制度概説 2 1
教育思想概説 2 1
教育学研究法 2 2
基礎演習 2 1
教職総合演習 2 1
応用演習Ⅰ 2 2
応用演習Ⅱ 2 2
専門演習 4 3
卒業研究 8 4
第Ⅰ群
種別 授業科目 単位 履修年次 備考
A 人間形成学総論 2 1・2
1 日本教育史Ⅰ 2 1・2
1 日本教育史Ⅱ 2 1・2
1 西洋教育史Ⅰ 2 3・4
1 西洋教育史Ⅱ 2 3・4
1 西洋教育史Ⅲ 2 3・4
1 教育史特殊講義 2 3・4
B 宗教教育学 2 2
1 発達と文化A 2 3・4
1 発達と文化B 2 3・4
1 教育哲学A 2 3・4
1 教育哲学B 2 3・4
1 教育学特論A 2 3・4
1 教育学特論B 2 3・4
A 教育社会学総論 2 1・2
1 比較発達社会学 2 1・2
1 生涯発達心理学Ⅰ 2 1・2
1 生涯発達心理学Ⅱ 2 1・2
B キャリア教育A 2 2
(1) キャリア教育B 2 3・4
1 家庭教育A 2 2
1 家庭教育B 2 2
1 比較教育学 2 3・4
1 異文化理解教育 2 3・4
1 老年学 2 3・4
1 教育学特論C 2 3・4
1 教育学特論D 2 3・4
第Ⅱ群
種別 授業科目 単位 履修年次 備考
A 臨床教育学総論 2 1・2
B 社会福祉概論 2 2
2 臨床心理学概論Ⅰ 2 2
2 臨床心理学概論Ⅱ 2 2
2 小児精神神経学 2 3・4
2 相談心理学Ⅰ 2 3・4
2 相談心理学Ⅱ 2 3・4
2 特別支援教育 2 3・4
2 障害児・者の心理Ⅰ 2 2
2 障害児・者の心理Ⅱ 2 3・4
2 障害児・者の施設実習 2 2
2 障害児・者の教育 2 3・4
2 障害児・者の福祉 2 3・4
2 障害児・者の医学 2 3・4
2 教育学特論E 2 3・4
2 教育学特論F 2 3・4
B 生涯学習概論Ⅰ 2 2
2 生涯学習概論Ⅱ 2 2
B 高等教育論A 2 2
2 高等教育論B 2 3・4
2 社会教育計画Ⅰ 2 3・4
2 社会教育計画Ⅱ 2 3・4
2 社会教育課題研究 4 3・4 社会教育主事資格取得希望申請者のみ履修可
2 高齢化社会と教育 2 3・4
2 青年期と教育 2 3・4
2 ジェンダーと教育 2 3・4
2 青年文化論 2 3・4
2 △ボランティア教育論 2 3・4
2 △地域ネットワーキング論 2 3・4
2 △スポーツ・レクリエーション論 2 3・4
2 教育学特論G 2 3・4
2 教育学特論H 2 3・4
第Ⅲ群
種別 授業科目 単位 履修年次 備考
A 教育情報学総論 2 1・2
A メディア・コミュニケーション総論 2 1・2
B 認知科学概論 2 2
3 学校経営と学校図書館 2 2
3 視聴覚教育メディア論 2 3・4
3 インターフェース論 2 3・4
3 知的表現論 2 3・4
3 教材開発論 2 3・4
3 学習指導と学校図書館 2 3・4
3 学校図書館メディア 2 3・4
3 情報メディア利用論 2 3・4
3 読書教育論 2 3・4
3 学習心理学Ⅰ 2 3・4
3 学習心理学Ⅱ 2 3・4
3 社会心理学Ⅰ 2 3・4
3 社会心理学Ⅱ 2 3・4
3 教育学特論I 2 3・4
3 教育学特論J 2 3・4
B 図書館情報学概論 2 2
3 図書館システムサービス論 2 2
3 図書館情報文化論 2 2
3 図書館システム経営論 2 3・4
3 情報メディア論A 2 2
3 情報メディア論B 2 3・4
3 情報メディア論C 2 3・4
3 児童サービス論 2 3・4
3 メディア組織法Ⅰ 2 3・4
3 メディア組織法Ⅱ 2 3・4 司書資格取得希望申請者のみ履修可
3 メディア組織法Ⅲ 2 3・4 司書資格取得希望申請者のみ履修可
3 情報サービス論Ⅰ 2 3・4
3 情報サービス論Ⅱ 2 3・4
3 情報サービス論Ⅲ 2 3・4
3 情報技術論 2 2・3・4
3 図書館情報学実習A 2 4 司書資格取得希望申請者のみ履修可
3 図書館情報学実習B 2 4 司書資格取得希望申請者のみ履修可
3 教育学特論K 2 3・4
3 教育学特論L 2 3・4
第Ⅳ群
種別 授業科目 単位 履修年次 備考
A 幼児教育原理A 2 1・2
4 幼児教育原理B 2 1・2
(4) 児童福祉論 2 1・2
B 臨床保育学A 2 2
4 臨床保育学B 2 2
(4) 小児保健論 2 3・4
4 教育学特論M 2 3・4
4 教育学特論N 2 3・4
4 保育方法研究A 2 2
4 保育方法研究B 2 2
4 保育内容総論A 2 3・4
4 保育内容総論B 2 3・4
4 保育内容教育法(健康) 2 3・4
4 保育内容教育法(人間関係) 2 3・4
4 保育内容教育法(環境) 2 3・4
4 保育内容教育法(ことば) 2 3・4
4 保育内容教育法(表現A) 2 3・4
4 保育内容教育法(表現B) 2 3・4
(4) 小児栄養学 2 3・4
4 教育学特論O 2 3・4
4 教育学特論P 2 3・4
第Ⅴ群
種別 授業科目 単位 履修年次 備考
A 学校教育学総論 2 1・2
A 初等教育原理A 2 1・2
5 初等教育原理B 2 1・2
B 教職論 2 2
B 教育方法論(初等) 2 2
B 教育課程論(初等) 2 2
5 初等教科教育法(国語科) 2 3・4
5 初等教科教育法(算数科) 2 3・4
5 初等教科教育法(理科) 2 3・4
5 初等教科教育法(社会科) 2 3・4
5 初等教科教育法(生活科) 2 3・4
5 初等教科教育法(音楽科) 2 3・4
5 初等教科教育法(図画工作科) 2 3・4
5 初等教科教育法(体育科) 2 3・4
5 初等教科教育法(家庭科) 2 3・4
5 生徒・進路指導論(初等) 2 3・4
5 教育相談(初等) 2 3・4
5 特別活動論(初等) 2 3・4
5 道徳教育指導法(初等) 2 3・4
5 学校心理学 2 2・3・4
5 教育学特論Q 2 3・4
5 教育学特論R 2 3・4
(5) 算数概説A 2 1・2
(5) 算数概説B 2 1・2
(5) 理科概説A 2 1・2
(5) 理科概説B 2 1・2
(5) 体育概説(理論) 2 1・2
(5) 体育概説(運動) 2 3・4
(5) 音楽概説(理論) 2 1・2
(5) 音楽概説(器楽A) 2 2
(5) 音楽概説(器楽B) 2 3・4
(5) 音楽概説(声楽) 2 3・4
(5) 初等国語概説 2 2
5 社会科概説 2 3・4
(5) 生活科概説 2 3・4
(5) 図画工作概説(美術) 2 2
(5) 図画工作概説(造形) 2 2
(5) 図画工作概説(理論) 2 3・4
5 家庭科概説(被服) 2 3・4
5 家庭科概説(食物) 2 3・4
5 初等英語概説A 2 3・4
5 初等英語概説B 2 3・4
5 教育学特論S 2 3・4
5 教育学特論T 2 3・4
第Ⅵ群

第Ⅵ群の科目は、教育人間科学部他学科および他学部の学生の場合教員免許または各種資格取得希望者に限り、当該免許等に必要な科目のみ履修できます。

種別 授業科目 単位 履修年次 備考
英語概説A 2 3・4
英語概説B 2 3・4
英作文Ⅱ 2 3・4
英文学A 2 3・4
英文学B 2 3・4
英国文学史A 2 3・4
英国文学史B 2 3・4
英語音声学(講義) 2 3・4
英語音声学(演習) 2 3・4
△グローバル文化論A 2 2
△グローバル文化論B 2 2
△グローバル文化論C 2 2
△グローバル文化論D 2 2
初等英語特論A 2 3・4
初等英語特論B 2 3・4
中等国語概説 2 2・3・4
国文学A 2 1・2
国文学B 2 1・2
国文学史A 2 3・4
国文学史B 2 3・4
△国文学特論A 2 2・3・4
△国文学特論B 2 2・3・4
△国文学特論C 2 2・3・4
△国文学特論D 2 2・3・4
△国文学特論E 2 2・3・4
△国文学特論F 2 2・3・4
漢文学A 2 3・4
漢文学B 2 3・4
書道A 2 3・4
書道B 2 3・4
日本史A 2 3・4
日本史B 2 3・4
外国史(東洋史) 2 3・4
外国史(西洋史) 2 3・4
人文地理学A 2 3・4
人文地理学B 2 3・4
自然地理学A 2 3・4
自然地理学B 2 3・4
△地理情報分析法A 2 3・4
△地理情報分析法B 2 3・4
△気象学A 2 3・4
△気象学B 2 3・4
地誌学概論A 2 3・4
地誌学概論B 2 3・4
法律学概説A 2 3・4
法律学概説B 2 3・4
政治学概説A 2 3・4
政治学概説B 2 3・4
社会学概説 2 3・4
経済学総論A 2 3・4
経済学総論B 2 3・4
哲学史A 2 3・4
哲学史B 2 3・4
宗教学A 2 3・4
宗教学B 2 3・4
教育学概説Ⅱ 2 3・4
生涯学習概論Ⅲ 2 3・4
第Ⅶ群
種別 授業科目 単位 履修年次 備考
キリスト教学校論 2 3・4
聖書の世界(旧約) 2 3・4
聖書の世界(新約) 2 3・4
キリスト教の教理 2 3・4
キリスト教と法思想 2 3・4
宗教と社会 2 3・4
礼拝学 2 3・4
キリスト教メンタルヘルス 2 3・4
履修年次について

*履修年次欄に記載されている年次より、下級の年次で履修することはできません。
*履修年次欄に記載されている数字は、その学年に履修することが望ましいということを表しています。
しかし、万一単位が修得できなかった場合や、履修できなかった場合は、上級年次でも履修することができます。
ただし、免許取得のために履修順序が指定されている科目については、免許取得を希望する場合には、必ずその学年で履修してください。

※ 科目担当者や当該年度の休講等については、学生ポータル(時間割・講義内容検索)で、必ず確認してください。