TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

履修モデル・主要科目の特長

履修モデル・主要科目の特長

教育学科の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

教育学科での学び

1. 青山スタンダード科目、外国語科目、学科科目(必修科目)の学びを通して幅広い教養と教育学の理論と実践の基盤を培う。

2. 同時に、学科科目の選択必修科目(第Ⅰから第Ⅶ群)の学びを通し、選択した5つの履修コース(第Ⅰから第Ⅴ群の科目群)において教育学の専門性を深めると共に、選択しない履修コースの科目(第Ⅰから第Ⅴ群の科目群)と履修コース以外の科目(第Ⅵ、Ⅶ群の科目群)の学びを通して教育学の専門性を多面的に身につける。

3. 加えて、幼稚園、小学校、中学校、高等学校教諭及び司書教諭の教育職員免許、並びに司書、社会教育主事及び学芸員の各種資格の中から選択し、指定された青山スタンダード科目や学科科目などの科目を修得することにより、教員免許状や各種資格を取得することができる。

教育学科の学科科目

1. 必修科目は、教育学科のすべての学生が教育学の基礎から発展までの基盤を学ぶ科目である。

2. 選択必修科目は、5つの履修コースに対応した教育学の専門領域の科目群(第Ⅰ群[人間形成探究に関する専門科目群]、第Ⅱ群〔臨床教育・生涯発達に関する専門科目群〕、第Ⅲ群〔教育情報・メディアに関する専門科目群〕、第Ⅳ群[幼児教育学に関する専門科目群]及び第Ⅴ群[児童教育学に関する専門科目群])と、履修コース以外の教育学の専門領域の科目群(第Ⅵ群[中学校・高等学校教諭免許の取得に必要な専門科目群]及び第Ⅶ群[キリスト教学校の教育への理解を深めるための専門科目群])からなっている。

5つの履修コース

3年次から、5の履修コースから選択したコースのカリキュラムに沿って学習する。

  • 人間形成探究コース:歴史学、哲学、宗教学、倫理学、文化人類学、言語学などの観点から幅広く探究する。
  • 臨床教育・生涯発達コース:乳幼児期から老年期における、発達、学習、教育についての理論と実際を学ぶ。
  • 教育情報・メディアコース:情報環境の中で生活し、そこで学び、発達する人間を多様な観点から捉えて探究する。