メインコンテンツへ

教育研究上の目的・アドミッションポリシー

青山学院大学教育人間科学部の教育研究上の目的とアドミッションポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

幅広い教養と深い専門的識見を兼ね備えた上で、より良い社会の形成に寄与しようとする意欲を持つ人材の育成を目指す。また、専門家の養成機関として、世の中に役立つ具体的な知恵や実践的技術を修得することに重点を置く学びの場を提供する。
人間の成長と発達に関する学問分野、および感覚・知覚の基礎的領域から社会・臨床の応用領域にいたる学問分野の最新の成果をふまえて、「科学的」「人間学的」「総合的」に様々な社会や環境において主体的に生きる人間と、その人間の心およびその人間が果たす役割、行動や思考、人間と人間の関わり合いやコミュニケーションを研究することを通して、豊かで多様な視点に基づく問題解決志向型の人間の養成をめざす。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

教育人間科学部では、学部名称が示すように科学的総合的なアプローチによって人間理解を探究する。その手法として「理論」と「実践」の両面から教育学研究と心理学研究を展開する。ここでの理論とは“歴史、文化のなかで構築されてきた理論的なアプローチ”、実践とは“個としての人間に焦点を合わせた臨床的なアプローチ”を意味する。よって本学部は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 科学的総合的なアプローチによって人間理解を探究する真摯な意欲と能力のある学生。
  2. より良き生(well-being)を追い求め、自己教育力と課題解決力、そして社会的課題への対応能力とを志向する優れた学生。
  3. 優れた学力を有するばかりでなく、本学部の教育方針や理念を理解したうえで、キリスト教活動やボランティア、あるいはスポーツ・文化・芸術・科学など様々な分野で積極的に活動した人材で、本学部で学びたいという熱意を有する学生。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院