メインコンテンツへ

研究科長あいさつ

法務研究科長 後藤 昭の写真

法務研究科長
後藤 昭 [Akira Goto]

法務研究科は、弁護士、検察官、裁判官など高度の法律専門職である法曹を育てるための法科大学院です。法科大学院を修了すると、「法務博士」という専門職学位と司法試験の受験資格が得られます。

ここ数年、弁護士が供給過剰になって、資格を得ても仕事がないといわれることがあります。たしかに、弁護士の数が増えたことによって、法曹資格のある人々の間でも、競争があります。しかし、それはどんな仕事でも同じでしょう。また、最近は企業や自治体でも弁護士あるいは弁護士資格者を雇う動きが急速に広がっています。弁護士の就職難という言い方は、かなり誇張されていると思います。実際、本校の修了生を含む多くの若い弁護士たちが、新しい分野で活躍しています。法曹の世界は、法律専門家としての知識、経験を活かして多様な働き方ができる、魅力のある進路です。

青山学院全体のスクール・モットーは、「地の塩、世の光」です。私たちの法科大学院は、それを具体化して、「社会的に弱い立場の人たちに、やさしいまなざしを向ける法律家」の育成を目指します。そのために、たしかな法律知識を持つことはもちろん、法律専門職としての役割意識と倫理観を備えた人々を送り出したいと思っています。エクスターンシップに「公益弁護実習」を取り入れていることも、これにつながります。

法曹になるためには、司法試験に合格することが必要です。そのためには、法律について確実な体系的理解と応用力を身につける必要があります。また、法曹となった後にも活きるよう、法理論の実務での使い方を学ぶことも大事です。本校の教育課程の中で「要件事実」を重視しているのも、実務への架橋を目指すからです。

このような学習の目標を達成できるように、私たちの法科大学院は、少人数教育の特色を活かして、1人1人の学生を丁寧に指導します。正規科目のほかにも、自主ゼミや若手教員あるいは修了生弁護士による個別指導を盛んに行っています。意欲のある学生には、このような学習の機会を豊富に提供します。本校を修了して司法試験に合格した方々は、本校で学んで良かったという感想を語ってくれます。

このような法科大学院ですから、法律家として働きたいという強い意欲を持った方々に、入学していただきたいと思います。そのような志のある学生と、教育に情熱を持つ教員とが一丸となって目標に向かって努力する法科大学院を作って行きたいと思います。



学部・大学院