メインコンテンツへ

学部長あいさつ

法学部長 大石 泰彦の写真

法学部長
大石 泰彦 [Yasuhiko Oishi]

青学は、私の母校です。

私が青学法学部(そのころは「AOYAMA LAW」という愛称はありませんでした。)に入学したのはいまから30年以上前のことですが、その後、そのまま本学の大学院へ進学し、20代のほぼすべてを青山キャンパスで過ごしました。大学教員になってからは、別の大学に勤務しておりましたが、10年ほど前にAOYAMA LAWの教員として戻ってきました。青山に戻ってきたとき、新しい建物が増えて、キャンパスの風景が大きく様変わりしていることに驚きましたが、正門から一歩、緑豊かなキャンパスに入った時に感じる、まるで自分の家に帰って来たような「ほっとする」感覚は昔のままでした。

AOYAMA LAWの素晴らしさの一つは、この「ほっとする」感覚だと思います。大学の周囲には渋谷・青山・表参道という現代日本の文化を牽引する街が広がり、大勢の人々が往来し賑わっています。青学に入学する学生は、すぐにそんな街にとけこみ、多くのクリエイティブで刺激的な人々に出会うことになるでしょう。一方で、そんな街の中心に、学生のちょっと緊張した気持ちを和ませ、「刺激」を「成長」に変換させる静かな思索の森が広がっているのです。そこに棲息する友人や先輩、そして教職員は、入学した一人一人の成長を支援し、暖かく見守ってくれるでしょう。

ここ数年、大学、特に法学部に向けられる社会の視線は厳しさを増し、その価値が「入試偏差値」「国家試験の合格者数」「就職率」などのわかりやすい数字で測られ、序列化される傾向にあります。その一方で、それぞれの学生の悩みや迷い、それらを通した人間としての豊かさの獲得など、数字では表すことのできない価値は捨象されがちです。しかし、貴重な大学の4年間は、決められた競争路の中で走り続け、他人を追い抜いていくためだけにあるのではありません。その4年間は、本当は、みなさん自身が「どう生きたいのか」「どう生きるべきなのか」を真剣に考え、それぞれが「自分らしい未来を見つける」ために用いられるべきものです。

「ビジネス法」「公共政策」「司法」「ヒューマン・ライツ」という個性的な4つのコースを擁し、現代社会のさまざまな課題の研究に取り組むスタッフが、学生との濃密な交流の中で教育を行うAOYAMA LAWは、人が個性的に成長していく場として、とてもよい条件を備えていると思います。人生の基盤を作る大学4年間、みなさんも青山の森に本拠地を定めて、自分、そして社会に真摯に向き合ってみませんか。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院