メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

英米文学科の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

英語科目

科目名 特長
Integrated English Ⅰ, Ⅱ, Ⅲ 英語の4技能を実践しながら習得するレベル別コースで、コア、リスニング、ライティングの3セクションをネイティブと日本人教師が連携して担当する。グループディスカッションやプレゼンテーションなどを活用し、文化や社会に関するトピックを勉強しながら、発音や文法についても学ぶ。
IE Seminar A, B 英語のみを使用して行うテーマ別英語科目で、学生は自分の好きなテーマを選べる。テーマは担当者ごとにさまざまで、文学、美術、音楽、食文化、科学技術、インターネット技能、人間関係など多義に及ぶ。セミナー形式で学生個人の英語によるリサーチ能力や発表能力も養成する。
Reading Ⅰ, Ⅱ 英語で書かれた小説、散文、新聞・雑誌記事、学術評論・論文などの中から、各担当者が特定のジャンルおよびトピックを選択し、それらを精読しながら(場合によっては速読しながら)内容および表現について理解を深めることを目的とする。
Academic Writing/Skills これら2科目は、英語を使用して専門科目の授業が受けられるようにするために設けられたもので、3・4年あるいは大学院レベルで英語の講義やテキストを理解し、論文を英語で書けるようにするための基本的能力を養うのが目的。さらには、交換留学などの準備にも役立つ。

イギリス/アメリカ/グローバル文学・文化コース

科目名 特長
イギリス/アメリカ/グローバル文学・文化概論 文学・文化概論は、英語を媒体とする文学あるいはそれらを育む文化を、それぞれの分野(イギリス、アメリカ、グローパル)の全体像を示しながら、文学の各ジャンルを代表する作品や作者を例に取りながら、あるいは各文化の特色や影響力などを示しながら概説する入門コースである。
イギリス/アメリカ/グローバル文学・文化特講 文学特講は、担当者ごとに特定の作品や作者を選び、そのテーマ、表現形式、背景、影響力、評価などについて詳しく学ぶ講義形式の科目。一方、文化特講ではそれらの背景になっている文化について、特定の相(アスペクト)に焦点を当て、人々や芸術との関係を講義する。
イギリス/アメリカ/グローバル文学・文化演習 文学・文化演習は、内容的には特講に準ずるが、授業形式は予備登録によって人数制限された環境のもと、受講生間の議論や個人発表などを交え、より集中的、主体的に勉強するための科目。
イギリス/アメリカ文学史 アメリカ文学あるいはイギリス文学の全体像および時代ごとの特徴を、それぞれの歴史の流れの中で、各時代背景との関係や前後の時代の文学とのつながりなどを考えながら学ぶ科目。
イギリス/アメリカ事情 アメリカ/イギリス文学の背景ともなるそれぞれの国の人々や文化について、歴史や伝統文化のみならず、現代の政治、経済、社会問題などにも言及しながら、それらの国と人々をより深く理解するための科目。

英語学コース

科目名 特長
英語学概論 英語学の主要分野(音韻論、形態論、統語論、意味論、語用論など)および関連分野(音声学、社会言語学、心理言語学、歴史言語学、コミュニケーション学など)について、幅広く概説する。
英語音声学講義/演習 英語音声の特徴を科学的(解剖学的、音響学的、認知科学的など)に学ぶ講義科目と、実際の発音を音声学の知識に基づいて訓練する演習科目を半期ずつペアで履修する。
英語史 英語という言語の特徴を、イギリスのアングロサクソン時代(5~12世紀)に使われたOld Englishから現代英語までを通事的に勉強する。言語学と文献学の両側面から英語を分析する。
英語学特講 英語学の各主要分野(音韻論、形態論、統語論、意味論、語用論など)を専門の担当者により個別に講義する。各分野において何をテーマにするかは年度(または学期)ごとに異なる。
英語学演習 英語学の各分野を少人数のゼミ形式で勉強する。個人あるいはグループごとにリサーチや口頭発表を行ったり、研究成果をレポートとして提出するなどの課題が課せられる。3年次の成果を踏まえて、4年次の「特別演習」(卒業論文)につなぐことできる。

コミュニケーションコース

科目名 特長
コミュニケーション概論 人間が言語を用いてコミュニケーションを行う際には、伝達の場面、手段、受者との関係、社会的制約、文化的背景、性別や地位など、さまざまな条件に係るルールや原理が働く。これらを含むコミュニケーションの基本構造を学ぶ講義科目である。
異文化間コミュニケーション概論 異言語を話す人々が互いに意思の疎通を図ろうとする際、言語の壁が存在するのは当然だが、例えば互いに英語という共通言語を学習したとしても、それぞれの母語とも密接に関係する文化の壁が存在する。その特徴を分析し、壁を解消する方法を研究する分野を概説する。
コミュニケーション特講/演習 コミュニケーション学のさまざまな分野あるいはテーマを個別に勉強するための講義科目および演習科目である。社会言語学、public speaking、翻訳、通訳など多様な分野の理論と実践を中心とする科目。
スピーチコミュニケーション Ⅰ, Ⅱ 英語を用いたコミュニケーションをネイティブの指導で実践的に学習する科目で、public speaking, discussion, presentationなどの形態別の学習したり、スピーチのための資料(人間関係、映画、社会問題など)の収集や分析なども行う。
通訳 Ⅰ, Ⅱ 通訳の基礎技能の訓練に始まり、逐次通訳と同時通訳の実際を学ぶ。シャドーイング、サイトトランスレーション、ノート・テイキングといった通訳の準備訓練と、逐次、同時通訳の練習を行い、受講生に逐次通訳と同時通訳を実際に経験してもらう。最終的には受講生全員が簡単な逐次通訳と同時通訳ができるようになることを目ざす。

英語教育学コース

科目名 特長
英語教育学概論 授業では英語教育を中心に、幅広く教育について考えると同時に、英語を教える際に必要な基本的な事柄についても具体的に学習していく。入門的な授業ではあるが、授業を通して、小学校、中学校、高等学校での英語教育を概観する。
英語教育学特講 英語教育学の主要領域を担当者ごとに特化して講義する。内容は、英語教授論、第二言語習得理論、教材論、テスト理論などに大別される。
英語教育学演習(1) 世界中で子供を対象とする英語教育が注目される中、この授業では、入門期の学習者に英語を教える際に必要な、理論、教授法、テクニックを学習し、自分たちで教材を開発していく。また、実際に公立小学校の児童に英語を教える夏季集中プログラムを実施する。
英語科教育法 これからの英語の教師に必要な英語教育学全般に亙る理論と実践的技術の習得を目指す。教授論、教材論、さらには学習者論及び教師論を、視聴覚メディアを駆使し、実際の教育現場を再現しながら、学生と担当教師との共同参加による経験の交流と実践による検証とによって深めてゆく。
英語科教育法特論 中学・高等学校における英語科教育の目的及び目標を踏まえた上で、総合的英語コミュニケーション能力を育てうる英語指導法のあり方を検討し、英語教師としての資質を高め、英語授業力を養成する。また、自律した英語教師を目指し、学習者及び教師としての信念や経験に照らし合わせながら省察を行う力を身につける。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。

学部・大学院