TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

学部長あいさつ

伊達 直之 文学部長<br>[Date Naoyuki] 伊達 直之 文学部長<br>[Date Naoyuki]

伊達 直之 文学部長
[Date Naoyuki]

学部長あいさつ

ようこそ文学部へ。

 青山学院大学の文学部は、人文学――つまり文学と言語、文化、社会を対象にした諸学問と、歴史学、芸術学を中心に据えた学部です。
 人文学は、過去の歴史を大切にします。それは、人間たちが時間をかけて積み重ねてきた知の営みが、私たち自身が生きている「今」へと直接につながっているからです。そしてその「今」が、私たちと、皆さん一人一人の「未来」へと直接につながっているからです。中心にあるのは「現在」です。
 古いものと新しいものとを、どう継ぎ合わせて自分の「未来」を拓くのか、それは皆さん自身がそれぞれ自由に決めてよいことであり、また自分で考えて決めねばならないことでもあります。

 誰もがSNSで気軽に自分を発信している時代に、検索エンジンやAIが見つけてくれるお仕着せの、似たり寄ったりのちょっと目新しい情報ばかり再生産し続けても、ビッグデータの中に埋もれて行くだけかもしれません。「古典」の時代から現代に連なる、言語やさまざまな表現活動の意味を、時間をかけて可能性の最大までくみ取りながら、同時進行で最先端の情報をWebやスマホのデジタル・メディアでグローバルに交換する。自分自身の頭脳で、わくわくしながら最新のコミュニケーション技術と世界を実感し、その展開を予感するときでもあります。

 「人間とは、私とは、何なのだろうか。」広く深く鋭く、人間と文化の在り方を学び、激しく変化する現代社会の中で、私たち一人一人がしなやかに生きて行くための知性の力、観察力、感受性、そして人と社会に働きかける表現の力を身につけ磨いて行く4年間。文学部はその王道とも言える方法を伝え、共に考え、手助けをする学部です。