メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

史学科の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

日本史コース

科目名 特長
日本史概説 1年次に履修する科目で、日本の古代から、中世、近世、近現代に至る日本史の全般にわたって概観する日本史の入門的な内容である。また、都市史、民衆史、歴史観などといったテーマを設定し、日本史の全体像を概観することもある。
日本史史料講読ⅠA、ⅠB、ⅡA、ⅡB 2年次、3年次に履修する科目。日本史を学ぶために必須である様々な史料の読み方を学ぶ。日本史の文献史料は、漢文やくずし字で記されることが多いが、それらを解読し、正確に理解するために必要な技能を身につける。
古文書学Ⅰ、Ⅱ 2年次に履修する科目。日本史の古代から近代にまでに書かれた史料である「古文書」について、その様式や機能にそくして「古文書」を類型化するなどして位置づけ、体系的に「古文書」を学び、史料としての活用方法を習得する。
日本史演習 3年次と4年次に履修する科目。日本の古代史、中世史、近世史、近代史、現代史の5つのゼミの中から、自分の関心ある領域やテーマを選び、より専門的に史料の読解、文献の講読、研究発表の方法や成果のまとめ方などを、またゼミ参加の学生間での討論などを通じて学ぶ。実地調査やゼミ合宿なども行い、各時代の理解を深める。
特別演習
特別演習(卒業論文)
4年次に履修する科目。史学科での4年間の研究成果として、各自の問題関心にそって、それぞれのテーマを決め、指導教授との対話、ゼミでの中間報告を通じて研究を進展させ、研究論文の書き方を学びながら、卒業論文を作成する。

東洋史コース

科目名 特長
東洋史概説 1年次に履修する科目で、中国やインド、東南アジア、イスラームなどからなりたっている東洋史の入門的な内容である。全体像の概観と同時に、特定の地域、例えば、中国を中心に、そのインドや東南アジア、イスラームとの関係から全体像を概観することもある。
史料・文献講読Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 2年次と3年次に履修する科目で、中国やインド、東南アジア、イスラームなどのさまざまな歴史を学ぶための史料講読の方法を学ぶ。歴史研究の基礎である史料のあり方についても学ぶとともに、対象とする地域に即して、英文、漢文・中国語の史料などを講読する。
基礎演習A、B 2年次に履修する科目で、中国やインド、東南アジア、イスラームなどのさまざまな歴史を学ぶための基礎的な方法を学ぶ。図書館での文献の探し方、読解の基礎、インターネットを利用した資料の収集などが習得する内容の中心となる。
東洋史演習 3年次と4年次に履修する科目で、中国やインド、東南アジア、イスラームなどのさまざまな歴史の中から、自分の関心ある領域やテーマを選び、基礎演習で学んだ手法を発展させ、より高度な文献の読解、資料講読、研究発表の方法や成果のまとめ方などを学ぶ。
特別演習
特別演習(卒業論文)
4年次に履修する科目で、4年間の勉強のまとめとして、中国やインド、東南アジア、イスラームなどのさまざまな歴史の中から自分で問題を見つけ、テーマを決め、卒業論文を作成する。研究発表を中心とする演習によって研究論文の書き方を習得する。

西洋史コース

科目名 特長
西洋史概説 1年次に履修する科目で、ヨーロッパとアメリカ、さらにはその海外帝国も「含める」こともある西洋史の入門的な内容である。全体像の概観と同時に、特定の地域、例えば、イギリスを中心に、その植民地との関係から全体像を概観することもある。
史料・文献講読Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 2年次と3年次に履修する科目で、「ヨーロッパとアメリカ、さらにはその海外帝国も含めることもある西洋の」さまざまな歴史を学ぶための史料講読の方法を学ぶ。歴史研究の基礎である史料のあり方についても学ぶとともに、対象とする地域に即して、「英文など」の史料を講読する。
基礎演習A、B 2年次に履修する科目で、ヨーロッパとアメリカのさまざまな地域の歴史を学ぶための基礎的な方法を学ぶ。図書館やインターネットを利用した文献の探し方、読解の基礎、レポート作成など研究の体得など内容の中心となる。
西洋史演習 3年次と4年次に履修する科目で、ヨーロッパとアメリカのさまざまな歴史を学ぶための基礎的な方法を学ぶ。図書館やインターネットを利用した文献の探し方、読解の基礎、レポート作成など研究の体得など内容の中心となる。
特別演習
特別演習(卒業論文)
4年次に履修する科目で、4年間の勉強のまとめとして、ヨーロッパとアメリカのさまざまな歴史の中から自分で問題を見つけ、テーマを決め、卒業論文を作成する。研究発表を中心とする演習によって研究論文の書き方を習得する。

考古学コース

考古学は発掘のイメージが強く、いまだに歴史学の一つと認識していない人が多い。確かに発掘調査は考古学の重要な要素の一つであるが、それは歴史資料を得るための手段である。2年次、3年次において、発掘の方法、考古資料の扱い方、資料化の仕方を学び、それを習得した後に、「モノ」によって歴史を語る方法を学ぶ。扱う時代はヒトが地球上に現れた440万年前から現代に至るまで、地域は人間が生活をした痕跡のあるところ全てに渡る。どの時代、どの地域を選んでも構わないが、常にその時代、その地域に住んだ人々の生活の復元を目指すのが考古学である。

科目名 特長
考古学概説 1年次の履修科目で、考古学とはどのような学問であるかを日本における考古学の成り立ちから学んでもらう。歴史学としての考古学は、どのような方法で「モノ」に歴史を語らせるのか、これまでの研究史を基礎にして具体例を挙げながら、各時代の研究成果を学んでいく。
史料・文献講読Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 史料・文献講読では、日本の考古学のフィールドとは異なる外国の考古学を英語の原点を通して学ぶ。授業を通して国や地域によって、遺跡、遺物のあり方に相違あること、そのために資料を扱う方法にも差異があることを認識してもらう。2年次、3年次によって、テキストが異なり、3年次にはより高度な内容になる。
考古学実習ⅠA、ⅠB、ⅡA、ⅡB 考古学実習ⅠA、ⅠBでは、発掘の基本的な方法を学ぶ。平板測量、セオドライトによるトラバース測量などによる地形図の作成の方法や写真撮影の方法等野外調査に必要な基本的な技術を学ぶ。考古学実習ⅡA、ⅡBでは、発掘によって得られた遺物の実測、写真撮影を学び、遺構の土層図、平面図の整理法、トレースなど、報告書作成に必要な知識を習得してもらう。実習Ⅰ・Ⅱの授業では夏季休暇中に発掘実習を行う。
考古学演習 3年次、4年次に履修する科目であり、日本と大陸、特に中国や朝鮮半島との古代における文化交流の問題の中から自分のテーマを決め、それまで基礎演習、考古学実習で学んだ考古学の研究方法を基に、論文を読み、資料を収集して自分なりの考えをまとめる訓練を行う。
特別演習
特別演習(卒業論文)
2年次から学んできた考古学の研究方法を基礎に、自分で選んだテーマに関する論文を読み、資料を集めて、一つの論文にまとめる。4年間、史学科で学んだ全ての知識を動員して、論文テーマの問題を自分なりに解釈、解決し、論文という形にまとめる。その一段階として、演習の時間に卒業論文についての中間発表をしてもらう。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院