メインコンテンツへ

学部長あいさつ

総合文化政策学部長 堀内 正博の写真

総合文化政策学部長
堀内 正博 [Masahiro Horiuchi]

総合文化政策学部は2008年4月に誕生しました。「青山」という最新の情報と流行が集まる文化芸術の国際的エリアをベースに生まれた新しい学部です。この場をベースに「文化を創造的にマネジメントできる能力」を備えた人材を育成することが本学部の使命(ミッション)です。

総合文化政策学部には、文学や哲学、メディア論などの人文科学を専門にする教員、経済学や経営学などの社会科学を専門にする教員、さらには、生命科学や建築学、情報学などの自然科学を専門にする教員など、多彩な顔ぶれが揃っています。

学部に所属する教員は、このように多様な学問的背景(アカデミック・バックグランド)を持っています。しかし、目指すところは一つ、“創造(creation)”です。いろいろな学問領域で“創造”がカギです。私の専門領域である経営学では“イノベーション(innovation)”という用語を使いますが、総合文化政策学はそういったさまざまな「創造の知」をまさに「総合」して新しい価値を生み出し、世界に発信し、それを実現していこうという学問です。これを実現するために多様な教員がいて、若い皆さんとともに歩んでいこうとしています。

学部の使命を実現するために、体系的な科目を準備していますが、特に特徴的なのは次の2点です。

ひとつは、すべてネイティブスピーカーが行う英語教育です。「世界に発信」するには英語は不可欠です。発信するためのツールとしての、言い換えれば発信型リテラシーとしての英語をネイティブの先生とともに自然に身に付けていきます。

もうひとつが、青山コミュニティラボ(ACL)です。ACLは2010年4月から本格稼働しましたが、“青山の街全体がキャンパス”であるという考え方に基づき、学生の皆さんが文化の最先端に触れ、感じ、さらには創造にも関わることのできる研究教育機関です。ACLの活動の場は、青山の街から始まりますが、東京以外のエリアへと拡大していきます。さらには、海外との連携も模索しています。青山から始まり世界へと活動の場を広げつつあります。また、リアル(現実)の世界だけでなく、サイバー(仮想)の世界も対象になります。ACLの活動空間は無限です。

今、政治的にも社会的にも、経済的にも混迷を深めています。アラブの春で見えかけた未来も後戻りしたかのように見えます。日本の周りの国々、中国や韓国との関係も混とんとしています。経済的に世界の結びつきが強くなっているがゆえに、何か事があれば影響が瞬く間に世界に波及する危険もますます増大しています。このような時代であるからこそ、文化の力を信じ、創造の力を信じて、一歩でも前に進んでいきたいと思います。

一寸先は闇だからこそ、価値あるものに触れることによって価値のあるものとないものを識別する力を持ち、創造の困難さと喜びを実感できる人になっていただきたいと思います。総合文化政策学部は学生のみなさんに場を提供します。しかし主役はあなた自身です。自分の目で見て感じて、何かを成し遂げる人になっていただきたいと思っています。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院