メインコンテンツへ

学部長あいさつ

国際政治経済学部長 内田 達也の写真

国際政治経済学部長
内田 達也 [Tatsuya Uchida]

青山学院大学国際政治経済学部は1982年の創設以来、国際舞台で活躍できる人材の創出を目的に、教育研究を重ねて参りました。この30余年で世界情勢は大きく変化し、我々は冷戦構造の終焉、欧州連合の発足、アジア新興国の台頭、数度の国際通貨危機、経済地域統合の進展、国際テロ集団の横行、地球自然環境の変化などを経験しています。そのような中、本学部の多くの卒業生が外交官、国連職員、国際金融機関職員、国際ジャーナリスト、研究者、通訳等で活躍するほか、グローバル企業で働いたり、企業のグローバル化を担う人材として社会を支えています。

このような「国際的な」「グローバルな」仕事は、日本国外のみにあるわけではありません。インターネットによる情報技術の革新は「どこにいてもグローバル」な状況を生み出したからです。国際金融取引はどこにいても瞬時に行われますし、リアルタイムで数カ国の人たちと通信して意思決定することも日常的になっています。つまり、グローバルな仕事が海外にあると考えるようではまだグローバルでないのです。どこにいても、その場所から世界の人々と協働して価値を生み出していくという意思と能力こそがグローバルに生きる人間の資質であると言えるでしょう。

本学部は、国際政治、国際経済、国際コミュニケーションを専門的かつ横断的に学ぶカリキュラムによって、そうした資質を持った人材を輩出すると同時に、国際社会に貢献する知を創造する研究教育の拠点たらんことを目指しています。グローバルイシューの解決に向けて、様々な人々が集い、アイディアを交換し、そこで新たな知を生んでいく。そのような場としての国際政治経済学部の教育研究に、ぜひとも多くの方々に参加していただくことを切に希望しています。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院