メインコンテンツへ

社会情報学科

論理的思考力で社会や組織の問題にアプローチ。

私たちは、人間、社会、情報、これらが織りなす世界、残念ながら簡単に答えを発見することができない世界を見つめなければなりません。だからこそ、社会情報学科は、真に必要とする基礎力と実践力を徹底的に鍛えます。
社会情報学科が鍛えようとする基礎力とは、「多くの人々に納得してもらうことができること」「論理的に物事を捉える能力」「コミュニケーション能力」です。そして、その基礎力は、人間をひも解く「心理学」や「コミュニケーション学」、社会をひも解く「経済学」や「社会学」、情報をひも解く「情報科学」や「数理科学」、これらを総合的に学ぶことで広く展開されていきます。
社会情報学科が鍛えようとする実践力とは、身近なテーマ、企業の抱えるテーマ、社会の抱えるテーマに果敢に挑戦していくことです。答えのない、知識だけでは解決のできないテーマ、それを実体験してもらいます。
その結果、あらためて、人間の問題、社会の問題、そして情報の問題、あらゆるテーマをこれらの視点から考えることのできる専門力を養います。
心理やコミュニケーションを通して、経営や経済を通して、そして情報技術を通して、それらを超える広い視野を養います。

社会情報学科 基本情報

教員

教員紹介 (2016年4月1日現在)

2016年度入学定員

200名

学生数

男子:599名 女子:360名 (2016年5月1日現在)

社会情報学科サイト

社会情報学科サイトのイメージ

社会情報学部社会情報学科サイトでは、社会情報学科の「教育の特色」「最新パンフレット」「教授からのメッセージ」「就職活動日記」「教員紹介」などを掲載しております。

学びの特色とカリキュラム

学びの特色とカリキュラム

社会情報学科の特色である3つの系からの展開コースなど、学びの特色とカリキュラムをご紹介いたします。

履修モデル・主要科目の特長

履修モデル・主要科目の特長

社会情報学科の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

卒業要件等

卒業要件等

成績評価や進級条件、卒業に必要な単位数や取得学位など、社会情報学科の履修についてご紹介いたします。

卒業研究案内

卒業研究案内

社会情報学科の卒業研究についてご紹介いたします。

取得可能な免許・資格

取得可能な免許・資格

社会情報学科で取得可能な免許・資格をご紹介いたします。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院