International symposium on food credence attributes: How can we design policies to meet consumer demand? 【2017年5月18日(木)~20日(土)】



OECD(経済協力開発機構)のCo-operative Research Programme: Biological Resource Management for Sustainable Agricultural Systems と青山学院大学 経済研究所 の支援を受けて、国内外から専門家を招聘し、標記の食品属性に関する国際シンポジウムを青山キャンパスにて開催します。

日時 2017年5月18日(木)~5月20日(土)
場所
青山キャンパス 総研ビル 14号館 第10会議室
定員 30名程度
参加費 無料
その他 【参加対象】
研究者、大学院生、行政官、食品業界関係者

【概要】
食品には様々な属性が含まれていますが、その中には購買時に消費者が知ることのできない信頼属性と呼ばれるものが含まれています。過去20年近くに渡る研究を通じて、望ましい信頼属性を備えた食品を購入するために、消費者が追加的な負担をすることが示されてきています。一方で、生産者もそうした信頼属性を備えた食品を提供する意思があることも示されてきています。 このシンポジウムでは、国内外の著名な研究者を招聘し、消費者が食品の信頼属性をどの様に評価しているのか、また安全性基準や表示制度などに対してどの様なことを期待しているのかといったことについて、知見の整理をすることを目指します。
お問い合わせ 青山学院大学経済学部教授 松本 茂
Eメール:shmatsumoto@aoyamagakuin.jp
申込方法
参加を希望の方は以下の問い合わせ先までご連絡ください。
Eメール:shmatsumoto@aoyamagakuin.jp

シンポジウムプログラム

5月18日(木)

開会式
9:40 ~10:00
司会: 藤村 学 (青山学院大学 経済学部 教授)
開会の辞: 松本 茂 (青山学院大学 経済学部 教授)
歓迎の挨拶: 中村 まづる (青山学院大学 経済学部 学部長)
開会の挨拶: BLASCO, Rafael (INIA-Ministerio de Ciencia e Innovacion, SPAIN)
セッションⅠ
10:00 ~12:20
司会: 山本 雅資 (富山大学 研究推進機構 極東地域研究センター 准教授)
Consumers and food risks:
  FREWER, Lynn (Newcastle University, UK)
Consumers' food safety concern over animal diseases:
  HAN, Doo Bong (Korea University, KOREA)
Genetically modified organism:
  HALLMAN, William K. (Rutgers University, USA)
Agricultural measures for reducing radionuclide contamination of agricultural products:
  栗山 泰 (農林水産省)
Consumers' concern over radioactive contamination:
  松本 茂 (青山学院大学 経済学部 教授)
セッションⅡ
14:00 ~16:00
司会: BEGHIN, John (North Carolina State University, USA)
Trade and food credence attributes:
  BEGHIN, John (North Carolina State University, USA)
Consumer Reaction to Food Safety Standards on Imported Foods:
  大槻 恒裕 (大阪大学 国際公共政策研究科 教授)
Toward a win-win integration in agriculture and food sector: perspectives from emerging Southeast Asia:
  藤村 学 (青山学院大学 経済学部 教授)
Environmental Efficiency & Productivity: Materials Balance Approach:
  HOANG, Vincent (Queensland University of Technology, AUSTRALIA)
ディスカッション
16:00~16:30
全参加者

5月19日(金)

セッションⅢ
9:50 ~12:20
司会: 松本 茂 (青山学院大学 経済学部 教授)
Food systems and food policy concerning organic farming:
  DIMITRI, Carolyn (New York University, USA)
Feasibility, viability, and desirability of local food production for local consumption:
  GIAMPIETRO, Mario (Universitat Autonoma de Barcelona, SPAIN)
What are the factors influencing farmers' demand for agricultural biodiversity: Evidence from SriLanka:
  WILSON, Clevo (Queensland University of Technology, AUSTRALIA)
Culture and ethics concerning food attributes:
  WERKHEISER, Ian (University of Texas Rio Grande Valley, USA)
Do consumers and producers benefit from the labels of regional origin? The case of the Czech republic:
  BOSKOVA, Iveta (Institute of Agricultural Economics and Information, Czech Republic)
セッションⅣ
10:00 ~12:20
司会: 神事 直人 (京都大学 大学院 経済学研究科 教授)
Marketing and regulation associated with food attributes:
  HAMLIN, Robert (University of Otago, NEW ZEALAND)
GMO influence on consumer cognition:
  RODRIGUEZ, Antia (New Mexico State University, USA)
Consumer views of health-related food labelling: From front-of-pack logos to warning labels:
  ROOS, Gun (Consumption Research Norway /
  Oslo and Akershus University College of Applied Sciences)
Healthier choices in food consumption behaviour:
  GINER, Celine (OECD)
Private Regulation, Sustainability, and Tokyo 2020 Olympics:
  内記 香子 (大阪大学 大学院 国際公共政策研究科 准教授)
ディスカッション
16:30~17:00
全参加者

5月20日(土)

閉会式
9:50 ~10:00
閉会の挨拶: 三木 義一 (青山学院大学 学長)
セッションⅤ
10:00 ~10:30
司会: 鍋嶋 郁 (早稲田大学 大学院 アジア太平洋研究科 准教授)
Keynote Speech: Global perspective of quality, functionality and safety of food and food supplements:
  天ヶ瀬 晴信 (一般社団法人国際栄養食品協会 理事長)
パネルディスカッション
10:30~12:00
全参加者

参考

2017.05.02