「第24回出雲全日本大学選抜駅伝」で初優勝



2012年10月8日(月・祝)、「第24回出雲全日本大学選抜駅伝競走」が開催され、本学は2時間9分41秒の大会新記録で初優勝を飾りました。この優勝は、本学にとって「大学三大駅伝」初の栄冠となります。

今年で24回目を迎える「出雲全日本大学選抜駅伝競走」は、出雲大社正面鳥居前から出雲ドーム前までの44.5kmを6区間でつなぐレースで、全国20チームおよび国外1チームの計21チームで競われる大会です。

本学は今大会、4年生2名、3年生1名、2年生1名、1年生2名という現時点でのベストのメンバーで挑みました。

1区、新人の小椋裕介選手(社会情報学部1年)は、冷静で勝負感覚に優れた選手です。
初の大学駅伝。しかも、各校のエース級の選手が集う区間ながらも、常に先頭から離されずにレースを展開。トップとは7秒差の7位で2区に襷を渡し、このレースの流れをつくりました。

2区は、昨年もこの区間を走ったスピードとレース勘を兼ね備えた藤川拓也選手(国際政治経済学部2年)です。藤川選手は、レース開始直後から積極的にレースを展開し、他校の選手と競り合いながら先頭集団を形成。トップとは13秒差の2位で、3区に襷を手渡しました。

3区を走ったのは、本学の次期エース、原監督が「逸材」と評する久保田和真選手(教育人間科学部1年)です。
ルーキーの久保田選手は、レース序盤で先頭にたつと、みるみる後続との差を広げ、中継所では2位に37秒差をつけ、トップで4区の選手に襷をつなぎました。ちなみに久保田選手は、この区間の区間賞を獲得。初の「大学駅伝タイトル」をたぐり寄せました。

4区は、潜在能力の高いスピードランナーの大谷遼太郎選手(国際政治経済学部4年)です。昨年からメキメキと力をつけた大谷選手は、トップで襷をうけても安心することなく攻めのレースを展開。
2位との差を41秒にまで広げ、区間新記録の力走で、5区に襷をリレー。大谷選手の快走は、「大学三大駅伝初タイトル」獲得を決定づけました。

5区を走るのは、原監督が信頼を寄せる安定した走りが特長の福田雄大選手(社会情報学部3年)です。
今大会、福田選手は、決して本調子ではありませんでしたが、無難にレースをまとめ、首位をキープ。最終区を走る主将に襷を託しました。

6区を走るのは、本学の頼れる大エース、勝負に強い出岐雄大選手(社会情報学部4年生)です。出岐選手は、トップで襷をもらうとまたたく間に後続との差を広げ、2位に1分29秒差をつけ、フィニッシュ。初優勝のゴールテープを切りました。

今大会、本学は3回目の挑戦で、悲願の「初優勝」を果たしましたが、これは、今年6月に行われた「全日本大学駅伝大会地区予選会」敗退後、出場した選手だけでなく、チームが一丸となって、努力してきた成果です。
今回のレースは、まちがいなく来年1月に開催される「箱根駅伝」につながるレースになったといえましょう。このレースをきっかけに、今後のさらなる飛躍が期待されます。

なお、沿道に駆けつけて応援してくださった皆さま、テレビの前をはじめ、応援してくださった皆さまに、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

【原晋監督コメント】
今日は、選手たちが、本当によくやってくれました。
いいレースをしてくれるのではないかという期待はもっていましたが、「優勝」という期待以上の結果に正直にうれしいです。
現在、私たち陸上競技部長距離ブロックは、寮が1軍寮、2軍寮と別れている状況ですが、みんなが、一丸となって戦ったからこそ、「優勝」という結果がついてきたのだと思います。
今回、「優勝」というタイトルを手にしましたが、来年1月には「箱根駅伝」もあるので、これからも、上位を目指して頑張っていきたいと思います。今日、応援してくださった皆さま、本当にご声援ありがとうございました。

【出岐雄大選手(主将)コメント】
今日はたくさんのご声援ありがとうございました。
自分たちは、今年1年、「箱根駅伝優勝」を目指して練習に取り組んできましたが、全日本大学駅伝大会の予選会で失敗し、チームは一時どん底まで落ちました。しかし、そこから気持ちを入れかえ、夏合宿では、上級生、下級生とも一丸となって、チームの立て直しをはかりました。この出雲大学駅伝では、上位を目指して戦おうという目標をもって臨んだ結果、「優勝」という形で目標を達成することができました。
しかしながら、私たちにはまだ、「箱根駅伝」という目標があるので、これから3ヶ月の間、しっかりと練習し、さらに強くなって箱根駅伝でも結果を出したいと思います。皆さま、応援よろしくお願いいたします。

区間 走者氏名

記録上段:区間記録
下段:通過記録

順位上段:区間順位
下段:通過順位

1区
(8.0km)
小椋 裕介
(社会情報学部 1年)
23:36
23:36
7位
7位
2区
(5.8km)
藤川 拓也
(国際政治経済学部 2年)
17:00
40:36
2位
2位
3区
(7.9km)
久保田 和真
(教育人間科学部 1年)
23:13
1:03:49
1位
1位
4区
(6.2km)
大谷 遼太郎
(国際政治経済 4年)
17:50
1:21:39
1位
1位
5区
(6.4km)
福田 雄大
(社会情報学部 3年)
18:32
1:40:11
6位
1位
6区
(10.2km)
出岐 雄大
(社会情報学部 4年)
29:30
2:09:41
3位
1位

悲願の「三大駅伝タイトル」を獲得。表彰式にて。

「初優勝」のフィニッシュテープを切った出岐雄大主将

1区 小椋 裕介選手

2区 藤川 拓也選手

3区 久保田 和真選手

4区 大谷 遼太郎選手(左)/5区 福田 雄大選手(右)

6区 出岐 雄大選手

2012.10.08