秋光純教授(理工、物理・数理学科)が「第10回日本中性子科学会特別賞」を受賞



秋光純教授が、2012年12月10日・11日に京都大学吉田キャンパス百周年時計台記念館で開催された「日本中性子科学会第12回年会」において、「第10回日本中性子科学会特別賞」を受賞しました。この賞は、中性子科学の発展および、科学全般の発展及び社会へ貢献した科学者に贈られる賞です。

受賞理由は、「超伝導物質探索、偏極中性子回折法を用いた磁性体の研究と中性子科学への貢献」です。秋光教授は、世界で話題になった「MgB2や他の多数の超伝導体の発見」「偏極中性子回折法を用いた磁性体の電子軌道整列やらせん磁気構造のカイラリティの観測」など、現在の物性物理学の大きな柱となった強相関電子系に関する研究で先駆的な成果を挙げています。特に「超伝導体の発見」およびその物理研究に関する研究成果への評価は高く、これまでに「仁科記念賞」「朝日賞」はじめ、多くの賞を受賞しています。

また、若手研究者を奨励するために、私費を投じて福山秀敏教授(現東京理科大副学長)と共同で「凝縮系科学賞」を設立するなど、数多くの研究プロジェクトにおいて若手研究者の人材育成にも尽力したことも評価されました。

加えて、長年にわたって中性子科学全体の活動を支え、科学研究コミュニティの意見形成に寄与するなどの功績も同賞に値すると認められました。

2013.03.01