花見唯さん(理工・情報テクノロジー学科4年)が、第22回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会で「学生奨励賞」を受賞(学年は当時)



2017年3月4日(土)、東海大学高輪キャンパスで開催された「電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会」において、花見唯さん(発表当時、理工学部情報テクノロジー学科4年・戸辺義人教授研究室)の研究発表が「学生奨励賞」を受賞しました。

同研究発表会は、同学会東京支部学生会が、学生会員の研究活動を盛んにすることを目的として年1回開催しているもので、同賞は、学部および博士前期課程に在籍する学生の研究発表を対象として審査員(専門家)が発表内容について採点を行い、優れていると認めた研究発表に対しておくられます。

花見さんの研究発表は「事前マップを利用した効率的な位置推定アプリケーションの提案」です。
近年、ロボットが私たちの生活空間で活躍することが期待されており、低演算で高精度な位置推定が求められている中、本研究では、カメラ画像との線分マッチングに有益なセンシング情報の獲得によって処理を効率化する、位置推定アプリケーションを提案しています。

同発表会では、162件の研究発表があり、うち特に優れていると認められた16件の研究発表に対して同賞がおくられました。

第22回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会で「学生奨励賞」を受賞した花見唯さん

2017.07.13