青山祭で“被災地の今”をVR体験~本学ボランティアセンターRooteとTOHOKU360がVR動画を出展



本学ボランティアセンターRooteは、合同会社イーストタイムズが運営するニュースサイト「TOHOKU360」と協働し、東日本大震災から6年半以上が経った、岩手県陸前高田市の被災地の現状を伝える360度VR動画を制作しました。VRで陸前高田市の被災地をめぐり、復興の進捗状況を知る現地スタディーツアーの模擬体験ができます。
動画は2017年11月3日(金・祝)~5日(日)まで本学青山キャンパスで開かれる「青山祭」に出展し、期間中VRゴーグルで視聴できます。

動画は「奇跡の一本松」や街の大規模な嵩上げのようすなど全6シーンで、すべてボランティアで制作されています。陸前高田市でのボランティア活動のリーダーを務める柳田泰樹さん(教育人間科学部教育学科2年)が動画内でのスタディーツアーのガイド役を努め、本学OGでもあるTOHOKU360・安藤歩美編集長が動画の制作を担当。「東京にいる学生が東北の被災地の現状を知るきっかけになれば」との思いで一致し、今回、青山祭でのVR動画の出展が決まりました。青山祭(2017年11月3日~5日)後はTOHOKU360のサイト上でもご覧いただけるようになります。

TOHOKU360(tohoku360.com)とは

2016年2月「日本初の360度VR動画に特化したニュースサイト」として、宮城県仙台市で誕生。元新聞記者らが中心となり、東日本大震災の被災地をVRで報道するほか、東北各地の多様な話題をニュース配信しています。

関連情報

2017.10.30