TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

飯島 泰裕(アドバイザー・グループ)

飯島 泰裕

所属学部社会情報学部
担当科目情報社会論、Web論、情報政策、地方行政と産業振興、プロジェクト、演習入門1、2 など
人数制限なし
活動場所相模原キャンパス O棟 2階 O222号室またはO221号室など
学外は銀座のアンテナショップ、金沢など
活動時間木曜の昼休みなどを予定
テーマ金沢の文化生活へようこそ!
活動内容歴史文化都市である金沢を通して、日本文化を知り、体験するグループを活動しています。 日本文化と言っても、歴史文化、芸能、伝統工芸、食文化、日本酒文化と様々です。また、日本文化の象徴として、京都をよく挙げられますが、京都は公家文化であり、金沢は武家文化です。また、金沢は、伝統的なものを大事にし、観光資源としても使っていますが、近代的なものへの取り組みも盛んです。例えば、I/Oデータ機器、ナナオ、PFUなどの情報通信技術企業も金沢や石川県で創業し、本社があります。また、伝統工芸の九谷焼が、世界的高級グラスメーカのRiedelと共同で、陶器とグラスの融合した、ワイングラスを作っています。そうした伝統と現代の融合と言った点でも興味深く、これは伝統的町家と高層ビルが違和感なく両立する都市構造をも作っています。 そうした金沢を満喫するべく、書籍やガイドブックで知るだけでなく、金沢市東京事務所の協力や、東京へ進出している金沢企業の協力を得ながら、体感的に知ることを考えています。2014年秋に、銀座に金沢市と石川県のアンテナショップが開業しています。そこで、色々と体験したり、味わったりするのも良いでしょう。 あるいは、2015年3月に北陸新幹線が東京から金沢まで開業しました。夏休みや冬休みに現地を訪れて、本物の日本の文化生活を体験してみたいと思います。個人的には、何と言っても食文化、日本酒文化に一番興味がありますが、その奥深さを皆で味わってみましょう。大人の文化生活へようこそ!