メインコンテンツへ

居合道部

まず居合道とは、正座中もしくは歩行中などに敵に襲われたことを想定して、そのままの姿勢からすばやく刀を抜いて相手を斬る技を修行する武道で、居合道部は週3~4回、主に相模原キャンパスA棟アリーナ体育実技室で模擬刀を用いて稽古を行っています(午前稽古は青山キャンパスにて行っています)。
部員数は男子11人、女子7人で、全員大学から始めましたが、大会(演武で競います)では、個人、団体ともに活躍しています。
居合道部の活動内容などの詳細はウェブサイトに記載しておりますので、興味を持たれた方はぜひ一度のぞいてみてください。

学生生活・進路