メインコンテンツへ

よくある質問について

奨学金についてのよくある質問をご紹介いたします。

大学で奨学金を受けたいと思っていますが、いつ手続きをすればよいのですか?

各種奨学金の申込についてはスケジュールをご確認ください。奨学金の種類によって募集時期が異なりますのでご注意ください。まずは4月上旬に奨学金の募集説明会があります。

評定平均値が低いのですが、奨学金は受けられますか?親の収入が高いのですが、奨学金は受けられますか?

奨学金には経済支援を目的としたものや、成績優秀者を対象としたものなどいろいろな種類があります。成績が低いから、収入が高いから、どの奨学金も資格がないということではありません。

奨学金を2つ受けること(併用)はできるのですか?

可能です。ただし、奨学金の種類によってはできないものもありますので、詳しくは窓口までお問い合わせください。なお、貸与奨学金を併用すると、卒業後の返還額が多くなり、負担になりますのでよく考えて申請してください。

奨学金は申し込めば必ず受けられますか?

奨学金の採用は、それぞれの奨学金制度の条件に従い、家計状況および成績等を数値化して選考されています。またそれぞれの奨学金には採用枠があり、出願条件に合致しているからといって、必ず採用されるわけではありません。特に給付奨学金は貸与奨学金に比べて採用人数が少なくなっています。

大学で借りた奨学金はいつ返せばいいのですか?

奨学金は卒業後に返還することになります。貸与の総額にもよりますが、卒業後最長で20年間、月額で1万円~2万円程度を返還していくことになります。大学卒業後に大学院へ進学、資格試験の準備等によりすぐに返還することができない場合は、返還期日を猶予することもできます。

学生生活・進路