メインコンテンツへ

ハラスメント

青山学院大学でのハラスメントの定義と被害を受けた時の対応や相談方法をご紹介いたします。

ハラスメントとは

青山学院大学でのハラスメントの定義をご紹介いたします。

セクシュアル・ハラスメント

相手の意に反して行われる性的性質をもつ言動のことであり、相手方に不利益や不快感を与え、教育研究、学習・職場環境を悪化させることをいいます。
下記はセクシャル・ハラスメントの例です。

アカデミック・ハラスメント

教育、研究上優越的な地位にある者が行う不適切な言動、指導のことであり、それによって相手方の勉学・研究意欲や学習・研究環境を悪化させることをいいます。
下記はアカデミック・ハラスメントの例です。

パワー・ハラスメント

職場において、本来業務の適正な範囲を越えて職務上優越的な地位にある者が行う不適切な言動、指導、待遇のことであり、それによって相手方の就労意欲や就労環境を悪化させることをいいます。
以下はパワー・ハラスメントの例です。

被害を受けた時

被害を受けたと思う時に望まれる対応

相談を希望するときは

相談しやすいと思われる相談員に、電話、手紙等で連絡を取って相談してください。
相談員名簿は、学生ポータルにある「ハラスメント防止委員会」のサイトをご覧ください。
同サイトでは、ハラスメント関係の規則や相談の流れ等、関連情報を掲載しています。

ハラスメントからの救済を求めたことによって、不当な取り扱いを受けることはありません。
あなたのプライバシーは守られます。

学生生活・進路