メインコンテンツへ

留学制度

青山学院大学の在学留学(協定校留学、認定校留学)、短期留学(海外語学・文化研修)などの留学制度についてご紹介します。休学留学も可能であり、各自の目的や留学先、期間、レベルに合わせて留学プログラムを選択することができます。

在学留学

在学留学では、留学期間が本学の在学期間に算入されるので、留学先で専門科目や外国語科目を履修することにより修得した単位を、本学の卒業要件単位として認定することができます。その結果、卒業要件を充足した場合、留学年次によっては4年間で卒業が可能となります。学内での書類審査および面接による選抜のうえ、大学の承認を経て留学候補者が決定します。
在学留学には協定校留学と認定校留学が用意されています。詳しくは国際交流センターサイトを参照してください。

短期海外語学・文化研修

青山学院大学では長期休業期間を利用して、語学力の向上と国際交流を目的とした短期海外語学・文化研修を実施しています。詳しくは国際交流センターサイトを参照してください。また、学部によっては短期プログラムを独自で行っています。詳細は各学部の教務担当窓口にお問い合わせください。

休学留学

休学して留学するため、留学期間は本学の在学期間に算入されず4年間で卒業することはできません。また、個人での留学のため、手続きは全て各自で行わなければならず、留学先での修得単位は本学の単位として認定されません。
休学留学を考えている方は、必ず事前に各キャンパスの教務窓口担当者に相談してください。

各留学システムの違い

期間 本学への
学費
留学先大学
授業料
単位認定申請 取扱窓口
協定校留学 派遣交換 約1年間
(約半年間)
全額 免除 各キャンパスの国際交流担当窓口
協定校(私費) 全額
認定校留学 認定校
短期海外語学・文化研修 約2~4週間
(夏期・春期)
研修参加費
休学留学 個人が決定 休学費 全額 不可 休学願の取り扱いは各キャンパスの教務窓口

詳しくは国際交流センターサイト及び留学ガイドブック「Study Abroad」、募集要項を参照してください。

学生生活・進路