メインコンテンツへ

文部科学省の「平成19年度ハイテク・リサーチ・センター整備事業」に先端技術研究開発センター(CAT)で推進する研究プロジェクトが選定されました

文部科学省が最先端の研究を支援する「*ハイテク・リサーチ・センター整備事業」に、2007年度、本学理工学部附置先端技術研究開発センター(CAT)で推進する研究プロジェクトが選定されました。1996年度に「エネルギー高効率化のための新機能性材料の開発および評価」をテーマとする研究プロジェクトで事業の選定を受け、今回で2度目の選定となります。
今回のプロジェクトの研究テーマは、「材料科学の新展開:環境調和型機能性物質の創製を目指して」(プロジェクト代表:秋光 純 理工学部教授)です。
本プロジェクトは、超伝導材料、磁性材料、太陽電池材料、無機薄膜材料、エレクトロニクス材料分野での飛躍的な技術革新であり、環境にやさしい環境調和型機能性物質の創製を達成するために、生命科学研究者との連携の下、生体適合性に関するリスク評価技術の確立を併せて推進することを大きな特徴としています。

* ハイテク・リサーチ・センター整備事業とは
文部科学省が設置する「私立大学学術研究高度化推進事業」の一つであり、最先端の研究開発プロジェクトの実施に必要な施設、研究装置、研究費、研究スタッフなどに対する総合的な支援を行うことによって、私立大学における先端的な学術研究基盤を強化するというものです。
ページトップへ