メインコンテンツへ

長谷川美貴 理工学部専任講師(化学・生命科学)らの研究グループが、世界で初めて偏光発光素子の仕組みを解明

青山学院大学理工学部化学・生命科学科 長谷川美貴 専任講師、財団法人高輝度光科学研究センターの木村滋主幹研究員、独立行政法人理化学研究所の高田昌樹主任研究員および旭化成株式会社研究開発センターの小松民邦博士らのグループが、世界で初めて、セッケンの元となる分子に希土類金属であるPrやEuイオンを含ませて規則的に並べた特殊なセッケン膜に、有機分子を取り込むと、特定の方向に偏光した光を発する事(偏光発光)を発見しました。
これは、希土類金属と有機分子との相互作用が、光を発する元となる有機分子の電子状態に特別な制約を与えることで起こります。SPring-8の高輝度X線により解析し決定された膜の分子構造から、この偏光発光の仕組みを初めて解明しました。これまで、液晶ディスプレイのバックライトなどは、偏光フィルムを通して偏光させる必要がありましたが、今回の発見により偏光を直接発する発光デバイスの開発の可能性が生まれ、携帯電話や銀行端末など、覗き見防止の仕組みを持つ指向性の高い偏光ディスプレイなどの開発の契機となることが期待されています。
詳細については、下記のトピックスをご覧ください。
トピックスはこちら
長谷川美貴専任講師紹介ページはこちら
長谷川美貴専任講師、研究室にて
ページトップへ