メインコンテンツへ

文部科学省の平成19年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」に「ICT活用教育のFD/SDプログラム」が選定されました

文部科学省の平成19年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」に、社会連携機構 ヒューマン・イノベーション研究センター(所長:佐伯 胖 教授(文学部教育学科))の「ICT活用教育のFD/SDプログラム」(テーマ:教育効果向上のためのICT活用教育の推進)が選定されました。

この「ICT活用教育のFD/SDプログラム」は、社会ニーズを反映した人材育成のため、ICT(Information Communications Technology)*活用教育を大学の教育改革の中心的活動として位置づけ、ICT活用教育に取り組んでいる大学教員の教育力および職員の教育支援能力を向上させる研修プログラムを提供し、教育の質向上を図るというものです。
本学は、全学生を対象としてeラーニングの専門家を育成しています。本取組では、この過程を通して蓄積されたノウハウを活用してプログラムを開発し、大学におけるITC活用教育全体に活用することを目指しています。具体的には、大学職員およびICT活用教育を支援するTAに対してICT活用教育の質的向上を目的とするFD(Faculty Development)**、SD(Staff Development)***の機会を提供するというものです。このプログラムでは、受講者の利便性やニーズに配慮し、ICTを活用したコースのほか、集合研修、ワークショップ等を組み合わせたブレンディッド・ラーニング形式で実施をする予定です。


*ICTとは
Information Communications Technology(情報コミュニケーション技術)の略称です。
ICTを活用した教育(PCやLAN、インターネットなどの情報技術を利用して、学習者に新しいコミュニケーション環境を提供しようとする教育)は、総称してICT教育と呼ばれ、高等教育をはじめ初・中等教育において、その重要性の認識が高まっています。

** FD(Faculty Development)とは
教員が授業内容・方法を改善し、向上させるための組織的な取り組みの総称のことをさし、一般的にFDと略して称されています。

***SD(Staff Development)とは
スタッフ・ディベロップメントの略で、スタッフの能力開発を意味しています。

ページトップへ